【種類別】初心者におすすめの焼酎12選!各銘柄の特徴・選び方も!

焼酎とは、水と原料(芋や麦など)を発酵させて造った醸造酒を、蒸留して造っているお酒です。「蒸留酒」とも呼ばれています。

この記事では、「焼酎をあまり飲んだことがないけど、挑戦してみたい」という方に向けて、初心者でも飲みやすい焼酎を種類ごとに紹介しています。

あわせて、焼酎の選び方についても、わかりやすく簡単にまとめていますので、ぜひ気軽にチェックしてみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗しない焼酎の選び方

まずは、焼酎を全然飲んだことがないという方に向けて、失敗しない焼酎の選び方を解説していきたいと思います。

焼酎について、詳しく知らないという方は、ぜひチェックしてみてください。

度数で選ぶ

一般的に、焼酎の度数は20度~45度とされています。

ウイスキーの度数が43~45度で、ビールやチューハイは5度前後なので、度数的に言うと高めではあるでしょう。

この記事では、25度~26度の比較的飲みやすい度数の焼酎を紹介しています。

各銘柄の飲みやすい焼酎の飲み方も紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

焼酎の種類で選ぶ

焼酎の中でも「芋焼酎」や「黒糖焼酎」、「そば焼酎」などおよそ16種類の焼酎が存在します。

その中でも、編集部が初心者におすすめする「麦焼酎」「芋焼酎」「米焼酎」「栗焼酎」4種類の焼酎を紹介したいと思います。

麦焼酎

ビールの原料である「大麦」を使って作られるのが麦焼酎です。
スッキリした焼酎からクセのある焼酎まで幅広くありますが、クセがすくなくスッキリとした焼酎が中心です。

ほかの焼酎に比べてもシンプルな味わいが特徴なので、サワーのベースとして使用されることも多いです。

麦焼酎の麦茶割など、おもしろい飲み方もあるので、色々試してみてください!

芋焼酎

焼酎の中でもポピュラーで人気があるのが芋焼酎です。

芋の持つフルーティーな味わいを楽しめますが、クセが強く独特な風味なため、好き嫌いがわかれやすい焼酎として知られています。

一度チャレンジして、自分は好きか判断してみると良いでしょう。

米焼酎

焼酎の中でも日本酒に近い華やかな風味が楽しめるのが米焼酎です。

米のスッキリとした甘みがあるのが特徴で、初心者にもおすすめできる焼酎となっています。

また、使っている米によって風味がけっこう変わるので、「どこ産地のどこのブランド米」など、使われている米に注目して飲んでみると、また違った楽しみ方ができるでしょう。

栗焼酎

麦焼酎や米焼酎が苦手な女性の方にもおすすめできる、甘い香りとまろやかな口当たりが特徴です。

栗の使用率は50~85%の焼酎が多く、数値が高いほど栗の甘みと香りが強い焼酎を楽しむことができます。

おすすめの飲み方は、栗の甘みを一番感じられる”水割り”です。栗の甘みを消さないために、氷は入れないことをおすすめします。

甲類か乙類かで選ぶ

実は、焼酎の中でも、「連続式蒸留焼酎(甲類)」と「単式蒸留焼酎(本格焼酎)」に分かれます。

一般的に、連続式蒸留焼酎はアルコール36度未満の焼酎、単式蒸留焼酎はアルコール45度以下の焼酎として定義されています。

旧式蒸留法「乙類」

蒸留の仕組みが非常にシンプルなため、原料の独特の風味を楽しむことができ、ロックやお湯割りで原料本来の味を楽しむ飲み方がおすすめです。

新式蒸留法「甲類」

乙類に対して、甲類はアルコール度数が含めの焼酎造るに向いていると言えます。

連続式蒸留器で抽出された焼酎は、無色透明でピュアなクセのない味わいが特徴です。
味がさっぱりしている分、その楽しみ方も酎ハイやサワー、カクテル、果実酒など様々な楽しみ方ができます。

価格で選ぶ

安い焼酎だと、味や香りが薄いことがあるので、「焼酎本来の味が楽しむことができない」という場合もあります。

なので、まずは1000円~3000円の焼酎を気軽に買ってみて、自分の好みがわかってきたところで、高級銘柄にチャレンジしてみましょう!

おすすめの焼酎12選

ではここから、おすすめの焼酎を紹介します。編集部が厳選したものを種類別にまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの麦焼酎3選

まず最初に紹介するのは、とにかくシンプルで風味にクセがない麦焼酎。

初心者の方でも、飲みやすいという方が多いので必見です。

  • 本格焼酎 竜馬
  • 1.菊水酒造

    本格焼酎 竜馬

    1,600円

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
  • 地元高知の自然の恵みを存分に活かした本格麦焼酎

  • 土佐(高知県)の偉人”坂本龍馬”にちなんだ『本格麦焼酎 竜馬』。こだわり抜いた高知の素材と、確かな技術で造られた、菊水酒造の自慢の一品です。

    割水には、地元安芸市の名水をふんだんに使用しており、高知の自然の恵みを存分に活かした麦焼酎となっています。

    すっきりとした味わいで、その飲みやすさは、毎日飲んでも飽きがこないと言われているほど。まろやかな酔い心地と、爽やかな酔いざめを楽しめるでしょう。

    また、昔ながらの瓶詰めなので、還暦祝いなどにもおすすめ。大切な人へのプレゼントとして、土佐の本格麦焼酎を贈ってみてはいかがでしょうか。

  • 容量
    720ml
    アルコール度数
    25度
    おすすめの飲み方
    ロック
  • 兼八
  • 2.四ッ谷酒造

    兼八

    参考価格3,000円

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
  • 伝統の技で作られた、高品質な麦焼酎

  • 「兼八」は1919年創業の焼酎蔵で、初代「四ツ谷兼八」から続く歴史ある麦焼酎です。

    旧来の麦焼酎のイメージを覆し、これぞ本物の麦焼酎と言えるひとつ。九州北部宇佐八幡のお膝元、周防灘を臨む大分県宇佐市に蔵を起きます。

    麦一粒一粒を大切にし、自家製常圧蒸留器を用いての蒸留、過度の精製を行わないなど、創業以来伝統の技を基本に焼酎造りを続けています。

    容量は720mlと1800mlの2種、度数は25度です。

    ロックやストレートなどどのような飲み方でも美味しくいただけますが、お湯割りにすることで更に麦の風味を楽しむことができます。

  • 容量
    720ml,1800ml
    アルコール度数
    25度
    おすすめの飲み方
    なんでも
  • 中々
  • 3.黒木本店

    中々

    参考価格2,000円

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
  • 飲み口柔らかく豊かな麦の味を楽しめる麦焼酎

  • 「黒木本店 中々」は、伝統文化の継承者として、手作りの理念を徹底した蔵、宮崎・黒木本店で造られた焼酎です。

    原材料に二条大麦ニソノホシを用い、アルコール度数は25%。麦焼酎ブームの火付け役となった「百年の孤独」の原酒となった焼酎で、焼酎が好きな人の中ではかなり有名な一本です。

    飲み口はやわらかく、豊かな麦の風味。

    コクと香りを流れるように感じ取ることができます。後口もスッキリしているため、料理の味を邪魔しない食中酒としても楽しめます。

    おすすめの飲み方はロックとお湯割り。さらっと飲みたい方はロックで、麦の香りとコクをより楽しみたい方はお湯割りがおすすめです。

  • 容量
    720ml
    アルコール度数
    25度
    おすすめの飲み方
    ロック・お湯割り

おすすめの芋焼酎3選

芋焼酎の最大の特徴は”芳醇な甘みのある香り”。糖度が高い、さつまいもをふんだんに使用しているので、甘い香りが強く残ります。

濃厚な風味を楽しみたいという方には、気に入ってもらえるはずです!

  • いも麹「芋」
  • 1.国分酒造

    いも麹「芋」

    720ml 1,105円/1,800ml 2,162円(税抜)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
  • 業界で初めて100%芋焼酎を発売した老舗の焼酎

  • 今から20年以上前に、業界初の100%芋焼酎として発売された『いも麹芋』。昔ながらのサツマイモを100%使用した正真正銘の芋焼酎です。

    一口飲んでみると、これぞ芋焼酎と言わんばかりの、ほっこりとした甘みが癖になります。

    またアルコール度数を見てみると、25%ではなく26%に。これは、初年度と同じものを発売しようという、国分酒造のこだわりだそうです。

    今ではなかなか味わえない、いも麹から造られた本格芋焼酎を、ぜひ一度飲んでみてください。

  • 容量
    720ml/1,800ml
    アルコール度数
    26度
    おすすめの飲み方
    湯割り/ロック
  • 赤霧島
  • 2.霧島酒造

    赤霧島

    1,175円(税抜)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
  • どんな料理にも合うすっきりとした甘みの芋焼酎

  • 「霧島酒造 赤霧島」は、本格焼酎蔵・霧島酒造で作られた芋焼酎です。

    原料には南九州の温暖な気候で育った紫芋「ムラサキマリ」を用い、程よい甘味とうまみ、そして芋の芳醇な香りが芋焼酎に最適なハーモニーを作り出します。

    加えて仕込み水・割り水には、霧島山のシラス層や火山灰土壌で自然のろ過作用を受けた天然水「霧島裂罅水」を使用しています。

    ムラサキマリに豊富に含まれるポリフェノールが、焼酎麹のクエン酸と反応して真っ赤になることから「赤霧島」と命名されました。

    香りもよく、スッキリとした甘みの焼酎であるため、どんな料理にも相性がよく、食事を一層華やかにしてくれるでしょう。

  • 容量
    900ml
    アルコール度数
    25度
    おすすめの飲み方
    ロック
  • 本格焼酎 三岳
  • 3.三岳酒造

    本格焼酎 三岳

    参考価格2,400円

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
  • 癖が少なく飲みやすい芋焼酎

  • 世界自然遺産にも登録されている日本の原風景・屋久島を故郷とする焼酎「本格焼酎 三岳」の紹介です。

    製造は屋久島の「三岳酒造」。鹿児島でとれたさつまいも「黄金千貫」に、屋久島に位置し、九州最高峰の山である宮之浦岳を始めとする3つの岳から生まれた豊かな水を使用することで、「三岳」の深い味わいを作り出しています。

    芋焼酎ならではの香りの良さがありながら、癖が少なく飲みやすいことで知られています。

    一時はプレミアがついて入手困難になったこともあり、かなり人気があるようです。初めて芋焼酎を飲む方にもおすすめです。

  • 容量
    1800ml
    アルコール度数
    25度
    おすすめの飲み方
    お湯割り・ストレート

おすすめの米焼酎3選(見出し)

さわやかでフルーティーな味わいを持っており、日本酒に一番近い風味を持っているのが米焼酎。日本酒好きには必見です!

  • 大石
  • 1.大石酒造場

    大石

    参考価格2,300円

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
  • すべて自家栽培の米を使い、コクのある味

  • 「大石酒造場 大石」は、熊本県の豊かな自然で造られた米焼酎です。

    熊本県人吉盆地を流れる清流・球磨川。良質な米の産地として有名なこの地方では、自然から与えられる素材から多くの酒造蔵が生み出され、今や日本だけでなく世界でも有名な「球磨焼酎」のブランドを築き上げました。

    「大石」のベースとなる米は、すべて自家栽培。

    大石酒造場が、酒造用により美味しい焼酎を追求し、その一つの答えとして開発した新品種「吟のさと」を用いています。

    味はコクがあり、まろやかな本格焼酎。より安全で安心、そしてより美味しいものをという、「大石」のこだわりを是非体感してみてください。

  • 容量
    1800ml,720ml
    アルコール度数
    25度
    おすすめの飲み方
    ロック
  • 白岳しろ
  • 2. 高橋酒造

    白岳しろ

    1,100円(税抜)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
  • 本格米焼酎の定番!上質な米と水で上品のある味

  • 本格米焼酎の定番「高橋酒造 白岳しろ」は、熊本県人吉地方にある高橋酒造で生まれたお酒です。

    地元・球磨地方で取れた米と上質な水を用いる創業以来の伝統を守り、焼酎造りを続けています。

    米の旨味を存分に引き出したまろやかな味わいが特徴的で、これぞ本格米焼酎と感じられるような一本に仕上がっています。

    また米焼酎は、芋焼酎と比べて味に癖が少ないのが特徴の一つですが、この「白岳しろ」はその中でも特に癖がなく飲みやすいため、米焼酎初心者の方にもおすすめです。飲み方は香りを引き立てるロックや水割りがおすすめです。

  • 容量
    720ml
    アルコール度数
    25度
    おすすめの飲み方
    ロック・水割り
  • 牛乳焼酎 牧場の夢
  • 3. 大和一酒造元

    牛乳焼酎 牧場の夢

    1,715円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
  • 牛乳入り!香り豊かで健康的な焼酎!

  • 「大和一酒造元 牛乳焼酎 牧場の夢」は、かなり珍しい“牛乳”と“温泉水”と“お米”の3つを同時に発酵することで作り上げられた日本で唯一つの焼酎です。

    地域の酪農家から集めた搾りたての牛乳と、天然の弱アルカリ性温泉水を使用することで、香り豊かで健康的な焼酎として誕生しました。

    フルーティでほのかに甘いミルクの香りと軽快な飲み口が特徴。飲んで美味しいだけでなく、「ごはんを炊くときに少量加える」「洗髪後の頭皮につける」「化粧水代わりに用いる」など様々な使い方が紹介されています。

    いつものお酒とは少し違う変わり種の焼酎を試してみたい方におすすめです。

  • 容量
    720ml
    アルコール度数
    25度
    おすすめの飲み方
    ロック

おすすめの栗焼酎3選

芋焼酎ほどクセもなく、かといって麦焼酎のようにおとなしくもない。

ちょうど中間のようなバランスの良さを感じさせ、食事にも合わせやすい焼酎が揃っています!

  • 小鼓 栗の本格焼酎 古丹波
  • 1.西山酒造場

    小鼓 栗の本格焼酎 古丹波

    2,160円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
  • 特産品の栗と軟水の組み合わせで、なめらかな口当たりに

  • 『古丹波』は、日本一の栗の産地、丹波で造られている栗焼酎です。「モンドセレクション2016金賞」や「IWSC2018銀賞」など、数々の実績を残しています。

    この栗焼酎のポイントは、風味の邪魔となる油分を取り除くために「低温ろ過製法」で造られていること。栗の豊かな香りと甘みが引き出されており、今まで飲んだことのない焼酎を味わえます。

    また割水には、軟水である「椿寿天泉」をふんだんに使用。柔らかな口当たりに仕上がっているので、食事にも合わせやすいでしょう。

    ぜひ、栗の芳醇な香りを楽しんでみてください。

  • 容量
    720ml
    アルコール度数
    25度
    おすすめの飲み方
    ロック・湯割り
  • ダバダ火振
  • 2. 無手無冠

    ダバダ火振

    1,534円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
  • 栗のほのかな香りとソフトな甘みを楽しめる!

  • 四万十川上流域に位置する、高知県北幡地域は高知県内一の栗の産地。そこで取れた栗から生まれたのが、この栗焼酎「無手無冠 ダバダ火振」です。

    北幡地域である大正・十和・西土佐の3地域の郷土産品とされており、その土地ならではのオリジナルな味わいが楽しめます。

    原料である栗をたっぷり50%使用し、その香りを閉じ込めるように低音でゆっくりと蒸留。口に含んだ瞬間、栗のほのかな香りとソフトな甘みが口いっぱいにふんわりと広がります。

    栗焼酎そのままの味を楽しむために、まずはロックかストレートで飲んでみるのがおすすめです。

  • 容量
    720ml
    アルコール度数
    25度
    おすすめの飲み方
    ロック・ストレート
  • おくりおくら
  • 3. 媛囃子

    おくりおくら

    1,200円(税抜)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
  • 愛媛県産の地栗を100%使用で口当たり優しい味わいに

  • 栗焼酎「おくりおくら」は、栗焼酎の元祖である「媛囃子」製造の四国発祥の栗焼酎。

    愛媛県産の地栗を100%使用し、いままでの栗焼酎に米焼酎をブレンドしています。

    栗焼酎でありながら、米をブレンドすることにより、全く違ったタイプの焼酎として誕生しました。

    栗のほのかな香りと甘味が特徴的で、口当たりが優しい焼酎になっているため、はじめての方にも安心です。

    おすすめの飲み方はロックまたはお湯割り。

    スッキリした爽やかな飲み心地がほしい方はロックで、栗の味を上品に楽しみたい方はお湯割りを是非試してみてください。

  • 容量
    720ml
    アルコール度数
    25度
    おすすめの飲み方
    ロック・お湯割り

おすすめの焼酎の比較一覧表

ここでは、おすすめの焼酎を比較一覧表にまとめてみました。特徴などをぜひ比べてみてください。

  • 商品画像
  • 商品名
  • 特徴
  • 価格
  • 容量
  • アルコール度数
  • おすすめの飲み方
  • 商品リンク
  • 本格焼酎 竜馬

    1.菊水酒造

  • 本格焼酎 竜馬
  • 地元高知の自然の恵みを存分に活かした本格麦焼酎
  • 1,600円
  • 720ml
  • 25度
  • ロック
  • 詳細を見る
  • 兼八

    2.四ッ谷酒造

  • 兼八
  • 伝統の技で作られた、高品質な麦焼酎
  • 参考価格3,000円
  • 720ml,1800ml
  • 25度
  • なんでも
  • 詳細を見る
  • 中々

    3.黒木本店

  • 中々
  • 飲み口柔らかく豊かな麦の味を楽しめる麦焼酎
  • 参考価格2,000円
  • 720ml
  • 25度
  • ロック・お湯割り
  • 詳細を見る
  • いも麹「芋」

    1.国分酒造

  • いも麹「芋」
  • 業界で初めて100%芋焼酎を発売した老舗の焼酎
  • 720ml 1,105円/1,800ml 2,162円(税抜)
  • 720ml/1,800ml
  • 26度
  • 湯割り/ロック
  • 詳細を見る
  • 赤霧島

    2.霧島酒造

  • 赤霧島
  • どんな料理にも合うすっきりとした甘みの芋焼酎
  • 1,175円(税抜)
  • 900ml
  • 25度
  • ロック
  • 詳細を見る
  • 本格焼酎 三岳

    3.三岳酒造

  • 本格焼酎 三岳
  • 癖が少なく飲みやすい芋焼酎
  • 参考価格2,400円
  • 1800ml
  • 25度
  • お湯割り・ストレート
  • 詳細を見る
  • 大石

    1.大石酒造場

  • 大石
  • すべて自家栽培の米を使い、コクのある味
  • 参考価格2,300円
  • 1800ml,720ml
  • 25度
  • ロック
  • 詳細を見る
  • 白岳しろ

    2. 高橋酒造

  • 白岳しろ
  • 本格米焼酎の定番!上質な米と水で上品のある味
  • 1,100円(税抜)
  • 720ml
  • 25度
  • ロック・水割り
  • 詳細を見る
  • 牛乳焼酎 牧場の夢

    3. 大和一酒造元

  • 牛乳焼酎 牧場の夢
  • 牛乳入り!香り豊かで健康的な焼酎!
  • 1,715円(税込)
  • 720ml
  • 25度
  • ロック
  • 詳細を見る
  • 小鼓 栗の本格焼酎 古丹波

    1.西山酒造場

  • 小鼓 栗の本格焼酎 古丹波
  • 特産品の栗と軟水の組み合わせで、なめらかな口当たりに
  • 2,160円(税込)
  • 720ml
  • 25度
  • ロック・湯割り
  • 詳細を見る
  • ダバダ火振

    2. 無手無冠

  • ダバダ火振
  • 栗のほのかな香りとソフトな甘みを楽しめる!
  • 1,534円(税込)
  • 720ml
  • 25度
  • ロック・ストレート
  • 詳細を見る
  • おくりおくら

    3. 媛囃子

  • おくりおくら
  • 愛媛県産の地栗を100%使用で口当たり優しい味わいに
  • 1,200円(税抜)
  • 720ml
  • 25度
  • ロック・お湯割り
  • 詳細を見る

まとめ

今回は、おすすめの焼酎を紹介しました。

焼酎は風味が独特な風味がするために、飲まず嫌いをしている方が多いお酒かと思います。

しかし実は、今回紹介したように意外と飲みやすい焼酎も多く存在し、人によって焼酎の好みも異なるので、焼酎のことを理解することで「おいしい!」と思える焼酎がきっと見つかるかと思います!

まずは、今回紹介した「麦焼酎」「芋焼酎」「米焼酎」「栗焼酎」4種類をそれぞれ1つ飲んでましょう。

そうすれば、きっと焼酎に対するイメージは変わるはずです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加