【全59商品】おすすめの綿棒5選!人気商品を徹底比較

綿棒は普段何気なく使っている方が多いかと思いますが、実は今色んな種類が出ているって知っていました?

より耳掃除がしやすい形のもの、オイルが含まれて肌に優しいものなど、目的に合わせて本当に幅広く商品があります。

今回、UPDAYS(アップデイズ)編集部は、全59商品の綿棒を徹底調査しました。

その中から5商品を厳選し、本当におすすめできる綿棒を紹介します。

まずは、綿棒の選び方から紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

綿棒の3つの選び方

まずは、綿棒の選び方を3つ紹介していきます。

綿棒ってどれがいいのかいまいちよくわからないという方は、ぜひ参考にしてみてください!

綿棒のタイプを決める

綿棒には大きく分けて「スタンダードタイプ」「極細タイプ」「粘着タイプ」「水(オイル)タイプ」4つの種類が存在します。
自分の耳の特徴に応じて、以下のように使い分けることができます。

スタンダードタイプ

一般的にイメージされる綿棒。先端に乾いた綿棒が付いています。耳垢が湿っぽい方や、耳に水が入った際はスタンドタイプの綿棒をおすすめします。

また、メイク直しや、パソコンのキーボード・カメラレンズなど細部の掃除にも使えるので、とても便利です。

極細タイプ

赤ちゃんの小さな耳を掃除する際に便利な極細タイプ。耳の中以外にも、鼻の掃除などにも使えるため、赤ちゃんのお世話には必須アイテムです。

ただし、細すぎるあまり奥まで入りやすくなっているため、奥まで入れすぎないように注意しましょう。

また、メイク直しでは、狙ったポイントだけを治したい場合に重宝されています。

粘着タイプ

汚れがくっつきやすく、耳の中に押し当てるだけで汚れが取れることが特徴の粘着綿棒。粉のように細かくカサカサした耳垢が多い方には、粘着綿棒がおすすめです。

乾いた綿棒だと、なかなかうまく耳垢が取れないという方は、ぜひ一度粘着タイプの綿棒を使ってみてください!

水(オイル)タイプ

名前の通り、綿棒の先端部分が水(あるいはオイル)で湿っている綿棒です。耳の中で固まっている耳垢、こびりついている耳垢を柔らかくして、楽に掃除することができます。

特に耳が乾燥しやすい方にはおすすめです。また、ピンポイントで少しメイクを落としたい際にも使うことができます。

持つ部分の素材をチェック

ほとんどの綿棒は、持ち手部分が「紙」あるいは「プラスチック」でできています。

紙の場合、強度がないためすぐに折れ曲がってしまいますが、デリケートな耳が傷付きにくいでしょう。逆に、プラスチックの場合、折れ曲がりませんがデリケートな耳を傷つけてしまう可能性があります。

また、耳の淵やくぼみを掃除する際は少し力がかかってしまうので、持ち手がプラスチックの綿棒は、非常に便利です。

なので、耳の中を掃除する際は「紙」、それ以外の部分を掃除する際は「プラスチック」を使うのがベストです!

抗菌加工されているかをチェック

綿棒は耳の中や目の周りのメイク直しなど、非常にデリケートな部分に使われることが多いです。なので、衛生面には細心の注意が必要です。

抗菌加工された綿棒であれば、清潔なので、いつでもどこでも安心して使うことができます。

また、抗菌加工されていなくても、1本1本個別包装されている綿棒であればOKです。

個別包装された綿棒は、メイクポーチなどに入れて歩くこともできるので、とても便利です。

おすすめの綿棒5選

ここからは、編集部が調査した全59商品の中から厳選した10商品をそれぞれ紹介していきます。

先ほど解説した選び方を参考にしながら、ぜひあなたにぴったりの綿棒を見つけてくださいね!

  • やさしさぷらす
  • 1.平和メディク

    やさしさぷらす

    参考価格 230円

    楽天で詳細を見る
  • 保湿成分を贅沢に使用!お風呂上りに使う綿棒のようなしっとり感

  • 保湿成分がたっぷりと使用された、ちょっと贅沢な綿棒『やさしさぷらす』。

    実際に絞ってみると、水分が指につくほどのしっとり感があり、使い心地が良いと高く評価されています。

    また、湿っていることから、耳垢を絡め取りやすいところもポイント。肌触りがとても滑らかなので、肌へのダメージを抑えながら耳掃除ができるでしょう。

    東急ハンズなどでも購入できるので、まずは一度、『やさしさぷらす』を試してみてはいかがでしょうか。

  • 内容量
    30本
  • おとなの耳かきこっとん
  • 2.平和メディク

    おとなの耳かきこっとん

    参考価格 230円

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
  • 1本で2役をこなす綿棒!耳の中をしっかり掃除したい方におすすめ

  • 『おとなの耳かきこっとん』は、片方が耳かきの形状をしている綿棒で、1本で2役をこなしてくれます。

    耳にやさしいコットン素材とはいえ、かき心地は市販の耳かきとほぼ同じ。大きな耳垢から小さな耳垢まで、ごっそり取ることができるでしょう。

    また軸の中央には、耳かきの向きがわかる凹みを入れることで、ユーザーの使いやすさにもこだわっています。

    一つ一つが個包装になっているのもまた贅沢。持ち運びに便利なので、旅行用にもおすすめです。

  • 内容量
    50本
  • リーダー 黒綿棒 150本入
  • 3.日進医療器

    リーダー 黒綿棒 150本入

    参考価格 530円

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
  • 左右の構造が違うので、効果的に耳掃除ができる

  • 黒い見た目が目を引く綿棒『リーダー 黒綿棒』。

    黒いため、耳垢がとれたことがわかりやすく、耳を清潔に保つことができます。

    また、左右が違う形になっているので、耳垢や耳のかゆみを効果的にとることができるでしょう。

    普通の綿棒で満足できない方、しっかり耳垢をとりたい方は、ぜひ『リーダー 黒綿棒』を試してみてください。

  • 内容量
    150本
  • オリーブバージンオイル綿棒 50本入
  • 4.DHC

    オリーブバージンオイル綿棒 50本入

    参考価格 440円

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
  • 天然美容オイル配合!肌を傷つけず利用できる!

  • 化粧品、健康食品大手のDHCが出している綿棒は、天然美容オイルが含まれていて、耳の内部を守ってくれます。

    耳の中はかなり繊細で、傷が付くと膿んでしまうしまったりするので、優しく耳掃除ができることは魅力的でしょう。

    赤ちゃんの肌も傷つけにくいので、お子様がいる方に特におすすめの綿棒です。

  • 内容量
    50本
  • ミミピカ綿棒
  • 5.Cotton labo

    ミミピカ綿棒

    参考価格 210円

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
  • 天然コットン100%で優しい使い心地!

  • 『ミミピカ綿棒』は、天然コットン100%なので、やさしい使い心地が特徴の綿棒です。

    こちらも2wayタイプなので、しっかり耳掃除をすることができるでしょう。

    また200入りで大容量なので、普段使いとしても非常におすすめできます。

    普段使いでちょっと良い綿棒がほしいという方は、ぜひ『ミミピカ綿棒』を試してみてください。

  • 内容量
    200本

おすすめの綿棒比較表

ここまで、様々な綿棒が登場しましたが、ここで振り返って比較してみましょう。

ぜひご自分に合った綿棒を手に入れてください。

  • 商品画像
  • 商品名
  • 特徴
  • 価格
  • 内容量
  • 商品リンク
  • やさしさぷらす

    1.平和メディク

  • やさしさぷらす
  • 保湿成分を贅沢に使用!お風呂上りに使う綿棒のようなしっとり感
  • 参考価格 230円
  • 30本
  • 詳細を見る
  • おとなの耳かきこっとん

    2.平和メディク

  • おとなの耳かきこっとん
  • 1本で2役をこなす綿棒!耳の中をしっかり掃除したい方におすすめ
  • 参考価格 230円
  • 50本
  • 詳細を見る
  • リーダー 黒綿棒 150本入

    3.日進医療器

  • リーダー 黒綿棒 150本入
  • 左右の構造が違うので、効果的に耳掃除ができる
  • 参考価格 530円
  • 150本
  • 詳細を見る
  • オリーブバージンオイル綿棒 50本入

    4.DHC

  • オリーブバージンオイル綿棒 50本入
  • 天然美容オイル配合!肌を傷つけず利用できる!
  • 参考価格 440円
  • 50本
  • 詳細を見る
  • ミミピカ綿棒

    5.Cotton labo

  • ミミピカ綿棒
  • 天然コットン100%で優しい使い心地!
  • 参考価格 210円
  • 200本
  • 詳細を見る

まとめ

この記事では、編集部が調査した59商品の中から、厳選した10商品を紹介しました。

最後に、綿棒を選ぶ際のポイント3つをまとめておきます。

  1. 綿棒のタイプを決める
  2. 持つ部分の素材をチェック
  3. 抗菌加工されているかをチェック

綿棒を購入する際は、この3点をチェックしながら、自分にぴったりの綿棒を見つけてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加