おすすめのオリーブオイル30選!選び方や保存方法も解説!【2019年最新版】

オリーブオイルはどんなものを選んだら良いのか分からない、と悩んだことはありませんか?

オリーブオイルは種類も多く、それぞれの特徴も分かりにくいですよね。

そこで、オリーブオイルの正しい選び方やおすすめのオリーブオイルについて、編集部が独自に徹底調査した結果をご紹介していきます。

ぜひ参考にして、料理に華を添えるおいしいオリーブオイルを選んでみてくださいね。

>>おすすめのオリーブオイルを先にチェック<<

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オリーブオイルの正しい選び方

オリーブオイルはたくさんの種類があるため、「よく分からないから何でもいい」と、適当に選んでしまう方も少なくありません。

しかし、それはおいしく料理を食べる機会を逃していることと同じなのです!

では、オリーブオイルをどのように選ぶべきなのでしょうか?

その答えは、「用途に合わせて選ぶ」です。

ここでいう用途とは、オリーブオイルをどんな料理に合わせるか、ということです。

たとえば、パンに付けて食べるのか、サラダのドレッシングとして使うのか…など、オリーブオイルを使う機会は多種多様です。

このようにお伝えすると、オリーブオイルの選び方は逆に難しく感じるかもしれません。

しかし、オリーブオイルの味や香りの特徴を理解すれば、適したオリーブオイルを選べるようになります。

それでは、具体的に「オリーブオイルを味や香りで選ぶ方法」をお伝えしていきましょう。

オリーブオイルの選び方①味で選ぶ

オリーブオイルは、見た目は同じように見えても味は一つ一つ異なります。

人間の顔が一人一人違うように、オリーブオイルの味にも、

  • 辛い
  • 甘みがある
  • 酸味が強い
  • 苦味が強い

といった特徴があります。

これらの味わいは、アクセントや風味づけとして料理に活かすと、料理に深みが出るのです。

たとえば、サラダのドレッシングとして活かすことで、調味料だけでは出せない風味を加えることができます。

また、肉料理の風味づけとして活かしたり、素朴な味わいのパンにアクセントを加えることもできますね。

反対に、味の特徴が弱いオリーブオイルは、まろやかでクセのない味わいといえるでしょう。

そういったオリーブオイルは個性が弱いものの、その分いろいろな料理に合わせやすく、万能的な使い方ができます。

このように、オリーブオイルも一つの調味料と考えると、料理にとても合わせやすくなりますよ。

オリーブオイルの選び方②香りで選ぶ

オリーブオイルの特徴としては、味のほかに香りも重要な役割を果たしています。

オリーブオイルの香りの特徴は、

  • 爽やかな香り
  • 青臭い香り
  • フルーティーな香り
  • スモーク臭のような芳醇な香り

などがあります。

これらの香りも野菜や肉、魚料理などに活かすことができます。

つまり、オリーブオイルの味わいを活かすと、料理は何倍にもおいしくなるのです。

オリーブオイルの味や香りは、オリーブの産地や品種、作り方によっても変わってきます。

そのため、これらについても理解しているとオリーブオイルがさらに選びやすくなりますよ。

一つずつ詳しくお伝えしていきましょう。

オリーブオイルの選び方③産地で選ぶ

オリーブオイルを選ぶときに、瓶に入った見た目だけでは、到底その味や香りは伝わってきません。

そこで、オリーブオイルのパッケージに書かれている産地を手掛かりに、その味わいを理解するのがおすすめです。

言ってしまえば、オリーブオイルはワインと同じように産地で味わいが変わるのです。

そんなオリーブオイルの特徴的な産地をご紹介していきましょう。

オリーブオイルの産地「イタリア」

イタリアは日本のように南北に長い国であることから、その地域によってオリーブオイルの味わいも異なります。

たとえば、イタリア南部で作られるオリーブオイルは、その温暖な気候からたくさんのオリーブの品種が育ちバラエティも豊富です。

また、味わいとしてもまろやかでフルーティーさが際立ちます。

一方で、イタリア中部にあるトスカーナでは、青臭さや苦味が特徴的なオリーブオイルが目立ちます。

そのほか、イタリア北部の地方で作られるオリーブオイルは、軽くサラッとしていて辛味や苦味が少ないのが特徴です。

このような違いは、地域の気候がオリーブオイルの味わいに複雑な変化をもたらした結果といえるでしょう。

イタリアのオリーブオイルは、どの地域で作られたかというのも重要です。

オリーブオイルの産地「スペイン」

スペインのオリーブオイルは、イタリアに比べるとバラエティはなく、平均的にまろやかでクセの少ない味わいが多いといえます。

それは、スペインでは大量生産向けのオリーブオイルが盛んに作られていることが、少なからず影響しています。

しかし、中にはこだわり派の生産者もいて、オリーブ本来の味わいが活きたオリーブオイルもあるのです。

そのような高品質なオリーブオイルは、後ほどおすすめとしてご紹介していきます。

オリーブオイルの産地「ギリシャ」

ギリシャは世界的にも有名なオリーブの産地で、オリーブオイルの品質としても世界最高峰です。

特に、ギリシャの家庭料理であるフェタチーズを使ったサラダには、オリーブオイルは欠かせません。

温暖な気候のクレタ島では、栄養価の高い品質の良いオリーブオイルは長寿食として親しまれています。

そんなギリシャのオリーブオイルは、オリーブの風味がギュッと詰まった濃い味わいが特徴です。

オリーブオイルの産地「ポルトガル」

知る人ぞ知る、おいしいオリーブオイルの穴場といわれる産地がポルトガルです。

日本のオリーブオイル伝来は、安土桃山時代にポルトガルを通して伝わったともいわれています。

そう考えると、なんだか一番身近に感じられるオリーブオイルかもしれません。

そんなポルトガルのオリーブオイルはバラエティに富んでいて、個性的ともいえるでしょう。

辛味が強いものやフルーティーなもの、シンプルで優しい味わいのものなど多種多様なオリーブオイルが出来上がるのです。

その理由は、ポルトガルはおいしいオリーブオイルを作るのに最適な風土を持っているからです。

乾燥した石灰質の大地や程よい雨量、短い冬の期間は、高品質なオリーブ作りにぴったりといえます。

また、ポルトガル料理にとってオリーブオイルは欠かせない存在ですが、それが故にとても丁寧に作られているのも印象的です。

オリーブオイルの産地「チュニジア」

アフリカ北部・地中海に面した地域にあるチュニジアは、実は高品質なオリーブオイルの生産地です。

特に、他国の追随を許さない品質の高さは、昔ながらの製法にこだわり続けるその姿勢に理由があります。

たとえば、今ではほとんどの国が機械化しているオリーブの収穫を、チュニジアでは手摘みで行なっています。

また、農薬などをなるべく使わずに育てたオリーブは、他国に比べポリフェノール含量が多く、栄養価が高いのです。

もちろん、特筆すべきはそれだけでなく、香り高く奥深い味わいもまた優れているポイントといえます。

オリーブオイルの産地「レバノン」

オリーブの原産地ともいわれるレバノンのオリーブオイルは野性的で個性が強く、またスパイシーな味わいとも評されます。

その理由は、なるべくオリーブにストレスを与えないようにして作っているからなのです。

それによって、オリーブ本来の風味がしっかりと残され、コクのある濃厚なオリーブオイルに仕上がります。

そんなレバノンのオリーブオイルは世界的にも希少であり、失われつつある昔ながらのオリーブオイルともいえるでしょう。

オリーブオイルの産地「日本」

オリーブオイルの産地としては自国ながらも、あまり馴染みのない日本。

それもそのはず、日本で作られたオリーブオイルは、日本で流通しているオリーブオイルの1%にも満たないのです。

しかし、だからといって「日本のオリーブオイルがおいしいわけがない…」と言い切るのはちょっと違います。

なぜなら、日本のオリーブオイルは、日本人らしい手間ひまや安全性を追求して作られているからです。

もちろん、その味わいはチュニジアやレバノンなどの原生的なオリーブオイルとも違う、繊細な味わいが特徴的です。

それは、機械を導入しながらも、オリーブの状態を見極めながら丁寧に製品化していく生産者の姿勢からも伝わってきます。

また、他国よりもフレッシュな味わいが楽しめるのはもちろんのこと、日本人ならではの和食に合うオリーブオイルとしても、他には負けないおいしさがあります。

オリーブオイルの選び方④品種で選ぶ

オリーブオイルの選び方は、オリーブオイルが作られている品種を見て決める、というのも一つの方法です。

オリーブは、品種によってその味わいはさまざまです。

そこで、代表的なオリーブの品種をいくつかご紹介していきましょう。

オリーブオイルの品種「ピクアル種」

世界的に多く栽培されているのが、ピクアルという品種のオリーブです。

その理由は、安定したおいしさの品質が保ちやすいことや酸化しにくく、製品化しやすい品種であるためです。

この品種の味わいはピリッとした辛味とコク、そしてオリーブらしい若草のような香りが感じられることです。

多くのオリーブオイルに使用されている品種なので、誰もが一度は味わったことのある味わいと言えるでしょう。

オリーブオイルの品種「コロネイキ種」

コロネイキの品種は、高品質なオリーブオイルで知られるギリシャが有名です。

こちらの品種は、フルーティーで鼻の奥に残るアロマを感じさせる高貴な風味が特徴的です。

また、素晴らしいのはその風味だけでなく、オレイン酸など良い脂質を含む面でも優れています。

なお、品質は良いのですが、身は小さくて油量も少ないため高値がつきやすいというところが、玉にキズです。

オリーブオイルの品種「ルッカ」

イタリアなどで主に生産されているルッカという品種は、日本でも栽培されていて、オリーブオイルとなる油量が多いのが特徴です。

味わいとしては、フルーティーな香りで辛みもあまりないため、多くの人に好まれやすいおいしさといえます。

また、新鮮なオリーブオイルといえば、濃い緑色のイメージがありますが、ルッカはフレッシュでも黄色っぽい色合いが特徴です。

風味も良く量がとれるので、バランスの良い品種といえるでしょう。

オリーブオイルの品種「アルベキーナ」

アルベキーナという品種は、スペインなどで特に有名なオリーブです。

その味わいはクセがないのにも関わらず、コクがあってジューシーな味わいが特徴といえます。

そんなアルベキーナの風味は、ナッツやバナナのような芳醇さと例えられることもあります。

スペインの中でも、よりこだわり派の生産者が扱っている品種です。

オリーブオイルの選び方⑤作り方で選ぶ

オリーブオイルの選び方は、そのオリーブオイルがどのようにして作られているかを参考にすることもできます。

というのも、繊細なオリーブオイルにとって作り方はとても重要で、品質を左右するのに大きく関わっているからです。

オリーブオイルの作り方は、

  1. 収穫
  2. 搾油
  3. 製品化

このような流れで作られます。

特に、オリーブの収穫はとても手間がかかるもので、この工程が価格に関わってくることが多いのです。

たとえば、チュニジアなどでは伝統的な手摘みで収穫が行われていて、オリーブのストレスが減る分、品質も高くなります。

また、自家搾油を行ったりコールドプレス法を採用して、丁寧に作られたオリーブオイルはそれだけおいしくなります。

オリーブオイルを選ぶ際には、こういった作り方も参考にすると良い品質にたどり着けるでしょう。

オリーブオイルの選び方⑥価格やコスパで選ぶ

オリーブオイルの選び方は、価格やコスパも合わせて選ぶことが欠かせません。

値段に比例して品質が良くなるとしても、オリーブオイルだけにお金をかけるのは非現実的ですよね。

しかし、「値段が安いから」という理由でオリーブオイルを選ぶと、「安かろう悪かろう」の低品質商品を選んでしまいます。

正しいオリーブオイルの選び方は、おいしさや値段・量を比較できるようになることです。

そして、自分の都合にあったオリーブオイルを選べるようになることが大切ですよ。

オリーブオイルの選び方⑦種類で選ぶ

オリーブオイルは、その作り方や品質によっていくつかの種類に分けられます。

実際のところ、オリーブオイルは産地や品種よりも、この種類の方が注目されることが多いです。

たとえば、「エクストラバージンオリーブオイル」は一度は耳にしたことがあるでしょう。

日本で流通しているオリーブオイルの種類は、エクストラバージンオリーブオイルも含めて3種類があります。

オリーブオイルを選ぶ上でも重要な、これらのオリーブオイルの種類についてお伝えしていきましょう。

オリーブオイルの種類①エクストラバージンオリーブオイル

オリーブオイルの中でも一番優れた品質を誇るのが、このエクストラバージンオリーブオイルです。

オイルの劣化の度合いを示す酸度が0.8%以下であるという、驚異的な低さが何より高品質の証といえるでしょう。

ちなみに、酸度が高くなるほど油臭さが目立ち、風味を損なうことになります。

また、新鮮なオリーブを使うだけでは、酸度を低く保つことはできません。

酸化しやすいオイルを、いかに鮮度を保って製品化できるかという技術が必要になります。

さらに、エクストラバージンオリーブオイルの基準は他にもあります。

それは、オリーブの実を絞る以外の加工を加えないことです。

これは加熱など加工をしないことを指し、品質を安定させる目的があります。

このようにして作られたオリーブオイルは、食味はもちろん優れていて、なおかつ栄養価が高いことも特徴です。

オリーブオイルの種類②ピュアオリーブオイル

オリーブオイルの種類としては、ピュアオリーブオイルという種類もあります。

「ピュア」という部分だけ見ると、エクストラバージンオリーブオイルとあまり変わらないように感じられるかもしれません。

しかし、実際は化学的加工がされた「精製オリーブオイル」と、エクストラバージンオリーブオイルを混ぜ合わせたものです。

このオリーブオイルの特徴としては、エクストラバージンオリーブオイルに比べると安価で手に入りやすいこと。

また、その割には風味が良く、コスパ重視のオリーブオイルといえます。

オリーブオイルの種類③オリーブポマースオイル

オリーブポマースオイルは、オイルを一度絞った実をもう一度絞ることで得られたオイルです。

出汁でいえば、二番出汁といったところですね。

このオリーブポマースオイルは、オリーブオイルらしい香りなどは弱いものの、安価なので普段使いしやすいのがメリットです。

また、フリットなどを揚げる時や炒め物、パスタなど惜しみなく使えるのも良いところといえます。

オリーブオイルの本物と偽物の違いとは

オリーブオイルには本物と偽物がある、という噂を耳にしたことはありますか?

これは、エクストラバージンオリーブオイルの世界で認められている基準と、日本の基準が異なるために出てきた噂です。

つまり、世界基準の方が日本基準より厳しいため「世界基準以外は偽物だ!」といっているのです。

しかし、そこまで固執して考える必要はなく、偽物と排除する必要もありません。

それよりも、自分がおいしいと思えるオリーブオイルを選ぶ目を養うことの方がずっと大切です。

そういった意味では、本物か偽物かにこだわるのではなく、あなたが本物と感じたオリーブオイルを使うことが重要です。

ただ、賢くオリーブオイルを使い分けられる目利きは重要ですよね。

どんなオリーブオイルを選ぶべきかという指標がなければ、選ぶことはできません。

そこで、そんな目利きの力を養えるような、参考となるおすすめのオリーブオイルをご紹介していきましょう。

おすすめのオリーブオイル30選

いよいよここから、おすすめのオリーブオイルを紹介していきます。

より合ったオリーブオイルを見つけるために、次のような分け方で紹介していくので、ぜひ気になるところから見てみてください。

※タップすると該当箇所に移動します

パンに合うおすすめのオリーブオイル5選

オリーブオイルとお気に入りのパンがあれば、それだけで幸せな食卓になるといっても過言ではありません。

それが、さらにパンのおいしさを引き立てるラグジュアリーな風味のオリーブオイルであれば、言うこと無しでしょう。

そんなパンの小麦とバターの甘みにベストマッチの、上品でフルーティーな味わいのオリーブオイルをご紹介していきます。

  • ヴィラブランカオーガニックエクストラバージンオリーブオイル
  • 1.アセイテス デル スル社

    ヴィラブランカオーガニックエクストラバージンオリーブオイル

    参考価格 1,200円

  • オリーブオイル独特の芳醇な香りと深い味わいが特徴

  • オリーブオイルの産地として有名なスペインの中でも、特に歴史のあるアンダルシア地方で作られたオリーブオイル。

    新鮮なオリーブの風味や栄養価を損なわぬよう低温で絞るコールドプレス方式が採用されており、その品質の良さは折り紙付き。

    500mlで1,000円ほどとオリーブオイルとしては低価格ながら、品質は確かなのでコスパが良い商品といえます。

    主張しすぎないフルーティーさは、パンの甘みを引き立てる最高の相棒となるでしょう。

  • 内容量
    500ml
    生産国
    スペイン
    タイプ
    エクストラバージンオリーブオイル
  • オリテラエキストラバージンオリーブオイル
  • 2.オリテラ

    オリテラエキストラバージンオリーブオイル

    参考価格 900円

  • フルーティーなオリーブ本来の豊かな香りが特徴

  • 世界的にも有名なオリテラブランドのオリーブオイルは、コールドプレス方式で丁寧に搾油されているオリーブオイル。

    容器がビンではなくペットボトルということもあり、比較的安価で手に入るオリーブオイルといえます。

    オリーブオイルとしてのクセは弱く、マイルドな味わいなので、大人から子供まで楽しめるのがポイント。

    パン以外にも多種多様な料理に合わせて使いたい、という方におすすめです。

  • 内容量
    1,000ml
    生産国
    スペイン
    タイプ
    エクストラバージンオリーブオイル
  • 有機エキストラヴァージンオリーブオイル ドルチェ
  • 3.アルチェネロ

    有機エキストラヴァージンオリーブオイル ドルチェ

    参考価格 1,050円

  • イタリアNo.1のオーガニックブランドのオリーブオイル

  • 有機農法に力を入れているアロチェネロは、その品質の良さから世界的に評価されているオリーブオイル。

    特に、イタリア南部のオリーブを使用することで、辛味や苦味のないまろやかな味わいが特徴的です。

    また、ドルチェタイプはよりフルーティーで、はちみつのような優しいニュアンスがパンにもよく合います。

    お値段は少し高めですが、休日のちょっとリッチな朝食用に揃えておきたい一品です。

  • 内容量
    250ml
    生産国
    イタリア
    タイプ
    エクストラバージンオリーブオイル
  • 有機JAS認証 エキストラバージンオリーブオイル
  • 4.ゾットペラ

    有機JAS認証 エキストラバージンオリーブオイル

    参考価格 3,000円

  • 独特なパンチとその後に広がるフルーティーな味わい

  • 希少品種のトンダ・イブレア種にこだわるゾットペラは、トマトやバナナのような芳醇な香りが特徴のオリーブオイル。

    それもそのはず、ゾットペラでは平均樹齢450年のオリーブの木からオイルを抽出しているので、力強い味わいが出るのです。

    とても存在感のあるオリーブオイルなので、パンが脇役に回ってしまうほどの個性が感じられます。

    高級品といえる値段ですが、樹齢450年のパワーをこの価格で実感できるなら「安い!」と感じてしまうかもしれませんね。

  • 内容量
    250ml
    生産国
    イタリア
    タイプ
    エクストラバージンオリーブオイル
  • サンタ・キアラ
  • 5.コスタ・デイ・ロスマリーニ

    サンタ・キアラ

    参考価格 2,020円

  • イタリア産の最高級オリーブオイル

  • 『サンタ・キアラ』は、フルーティーが代名詞ともいえるタジャスカ種のオリーブを使用したオリーブオイルとなっています。

    イタリア・リグーリア州の風土も影響して、辛味や苦味が抑えられた口当たりの良さが特徴的です。

    また、コールドプレス後にタンクで寝かせて旨味を引き出すことで、他では真似できない繊細な味わいが表現されています。

    最高級ホテルでも使用されるこのオリーブオイルは売り切れも多いですが、運よく出会えたらぜひ味わってみてくださいね。

  • 内容量
    250ml
    生産国
    イタリア
    タイプ
    エクストラバージンオリーブオイル

パスタ合うおすすめのオリーブオイル5選

パスタによく合うオリーブオイルは、加熱に適したオリーブオイルであることが重要です。

オリーブオイルとしての存在感はもちろんのこと、パスタや具材を引き合わせて全体をまとめるバランスの良さが必要です。

そんなパスタによく合うオリーブオイルをご紹介していきましょう。

  • AJINOMOTO オリーブオイル エクストラバージン
  • 1.味の素

    AJINOMOTO オリーブオイル エクストラバージン

    参考価格 860円

  • 指定農園の原料だけをしぼり、素材にこだわったオリーブオイル

  • 素材の良さを引き出すのが抜群に上手く、まさに名脇役としてパスタと相性抜群のオリーブオイル。

    ペペロンチーノなどの難しいパスタも、風味良く仕上げることができるのが嬉しいところです。

    ゆっくりと弱火で加熱することで、オイルにニンニクや鷹の爪の風味を移すようにするのがポイントといえるでしょう。

    ペットボトル容器なので、なるべく早めに使い切りたいところですが、少量ボトルから用意されているのも嬉しいところです。

  • 内容量
    600g
    生産国
    日本
    タイプ
    エクストラバージンオリーブオイル
  • ボスコエキストラバージンオリーブオイル
  • 2.日清オイリオ

    ボスコエキストラバージンオリーブオイル

    参考価格 1,200円

  • 新鮮なオリーブの実から得られたフルーティーで豊潤な味わい

  • 大量生産ながら、オリーブオイルの風味も感じられるよう工夫されているオリーブオイル『ボスコエキストラバージンオリーブオイル』。

    もちろん、パスタとの相性も良く、素材やパスタとの絡みも良いのが特徴的です。

    また、このオリーブオイルは、ベーコンなどをカリカリに熱して、そのスモーク臭をオイルにまとわせるのもおすすめです。

    素材の香りをオイルを経由してパスタ全体にまとわせて仕上げると、レベルの高いパスタに仕上げることができますよ。

  • 内容量
    600g
    生産国
    イタリア
    タイプ
    エクストラバージンオリーブオイル
  • エキストラバージンオリーヴオイル
  • 3.デルモンテ

    エキストラバージンオリーヴオイル

    参考価格 1,080円

  • 搾りたてのオイルのおいしさが、いつでも新鮮なまま味わえる

  • スペインのアンダルシア地方で栽培されているオヒブランカという品種を使ったオリーブオイル。

    もともと青みのあるスパイシーな風味が特徴ですが、コールドプレス方式でさらにその特徴を引き出す製法を取り入れています。

    そのため、その香りを活かしてアクセントのある風味付けをすることができるでしょう。

    パスタはおうちで作ると単調で、どこか物足りないと感じてしまう方におすすめしたいオリーブオイルです。

  • 内容量
    326g
    生産国
    スペイン
    タイプ
    エクストラバージンオリーブオイル
  • エキストラヴァージンオリーブオイル
  • 4.サルバーニョ

    エキストラヴァージンオリーブオイル

    参考価格 2,100円

  • オリーブオイルの国際コンクールで優勝の実績

  • サルバーニョの『エキストラヴァージンオリーブオイル』は、酸度も0.25%と、エクストラバージンオリーブオイルの中でも最高品質のオリーブオイルで、パスタとの相性が最高に良いでしょう。

    その理由は、貴重な手摘み収穫と有機栽培で丁寧に作られているからです。

    控えめながらまろやかな香りが特徴なので、加熱せずにパスタの仕上げとして最後にひと回しするのがおすすめです。

    湯気とともにオリーブオイルの芳醇な香りが立ちのぼる、高級イタリアンのようなパスタが出来上がりますよ。

  • 内容量
    500ml
    生産国
    イタリア
    タイプ
    エクストラバージンオリーブオイル
  • エキストラバージンオリーブオイル
  • 5.ウニオリバ

    エキストラバージンオリーブオイル

    参考価格 1,200円

  • 最高品質のエキストラバージンオリーブオイル

  • スペインでピクアル種のオリーブを使用して作られた、若々しいオリーブの風味が特徴的なオリーブオイル。

    こちらも繊細な風味が特徴なので、加熱はせずにパスタの仕上げとして用いるとその味わいが花を開きます。

    特に、シンプルなペペロンチーノなどのパスタとの相性が良く、また魚介ともよく合い、クセになるおいしさです。

    大容量にも関わらず、1,000円ほどで買える高級オリーブオイルはコスパも良いといえます。

  • 内容量
    1,000ml
    生産国
    スペイン
    タイプ
    エクストラバージンオリーブオイル

サラダに合うおすすめのオリーブオイル5選

オリーブオイルは「料理をおいしくする魔法の調味料」と言えるほど、香り高い風味は味の決め手になります。

特に、サラダのドレッシングでは、その本領を余すところなく発揮し、たちまちサラダをおいしくしてくれます。

そんなサラダにぴったりのオリーブオイルをご紹介していきましょう。

  • “アリーヴェ
  • 1.バルベラ

    “アリーヴェ" エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル

    参考価格 1,330円

  • 選び抜かれたオリーブを原料に使用

  • 『“アリーヴェ" エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル』は、イタリアを中心に、ギリシャやスペインで採れた良質なオリーブを独自配合で合わせた、バランスの良いオリーブオイルです。

    特に、フルーティーな味わいとナッツのようなコクの掛け合わせは、他のオリーブオイルでは味わうことができません。

    もちろん、その複雑なアロマはサラダにとっては最高の隠し味といえます。

    低価格ながらも上質な風味を堪能することができるため、絶品のサラダを求める人にこそおすすめのオリーブオイルです。

  • 内容量
    500ml
    生産国
    イタリア
    タイプ
    エクストラバージンオリーブオイル
  • ピクーダ エクストラバージン オリーブオイル
  • 2.ムエルオリヴァ

    ピクーダ エクストラバージン オリーブオイル

    参考価格 1,400円

  • オリーブジャパン2015出品441品の中から選ばれた、最優秀賞受賞

  • スペイン・アンダルシア地方で栽培されたフレッシュな香りが特徴のピクード種を使用したオリーブオイル。

    その少し青みを感じる爽やかな香りはピリッとスパイシーで、サラダに使用するとアクセントになります。

    そのため、シンプルなグリーンサラダよりは、生ハムやカルパッチョなどを合わせたちょっと贅沢なサラダに使うのがおすすめです。

    岩塩やワインビネガーと合わせて、シンプルにその味わいを楽しみましょう。

  • 内容量
    500ml
    生産国
    スペイン
    タイプ
    エクストラバージンオリーブオイル
  • エキストラヴァージンオリーブオイル
  • 3.フシコス

    エキストラヴァージンオリーブオイル

    参考価格 1,840円

  • ギリシャ固有のコロネイキ種を100%使用

  • ギリシャ・クレタ島の世界でも最高品質といわれるコロネイキ種を100%使用したオリーブオイル。

    それも、より香りが高い早摘みという贅沢な製法のため、生産者が何よりもおいしさを追求していることが伝わってきます。

    なぜなら、まだ青々とした若い身は香りは良いものの、あまりオイル量はとれません。

    それが、身が小さいコロネイキ種であれば尚更なのです。

    ポリフェノールやオレイン酸含量も多く、サラダとの食べ合わせでその栄養価をより効果的に享受できるでしょう。

  • 内容量
    150g
    生産国
    ギリシャ
    タイプ
    エクストラバージンオリーブオイル
  • ルイーザ
  • 4.日清オイリオ

    ルイーザ

    1,833円(税抜)

  • 香り豊かな有機オリーブオイル

  • 有機オリーブを使用した雑味の少ない味わいで、ハーブのような豊かな香りが特徴のオリーブオイル。

    また、早摘みのまだ青い身を使っているため、ピリッとスパイシーな辛味も感じられるほどフレッシュです。

    その香りと辛味が、サラダにちょうど良いスパイスとなってくれます。

    サラダには、この風味を活かしたシンプルなドレッシングで頂くのがおすすめです

  • 内容量
    190g
    生産国
    イタリア
    タイプ
    エクストラバージンオリーブオイル
  • Triomphe
  • 5.ben smail

    Triomphe

    参考価格 2,500円

  • 抗酸化成分の豊富なシュトウィ種のエクストラヴァージンオイル

  • 手摘みで丁寧な作りが特徴的なチュニジアで、オリーブらしい苦味が特徴のシュトウィ種から作られたオリーブオイル。

    砂漠が多いチュニジアで育ったオリーブは、生命力が強くポリフェノール量も多いオリーブオイルに仕上がります。

    サラダに使用することでビタミンCも合わせて摂取できますし、健康を大切にする方に使って頂きたい高品質なオイルです。

    少し辛味が気になる場合は、甘めのバルサミコ酢を合わせてもおいしくなりますよ。

  • 内容量
    250ml
    生産国
    チュニジア
    タイプ
    エクストラバージンオリーブオイル

肉料理に合うおすすめのオリーブオイル5選

肉料理にも、オリーブオイルは欠かせない存在です。

しかし、適したオリーブオイルを使わなければ、繊細な味わいが台無しになることもあるのです。

お肉を更においしくしてくれる、絶品オリーブオイルをご紹介していきましょう。

  • エクストラバージンオイル グリーンラベル
  • 1.サンテラモ

    エクストラバージンオイル グリーンラベル

    参考価格 1,520円

  • 石臼でゆっくり搾ったコールドプレスの一番搾り

  • 南イタリア・プーリア地方のコラティーナ種を使用した、ハーブを思わせる香り高いオリーブオイル『エクストラバージンオイル グリーンラベル』。

    手摘みで丁寧に収穫されたオリーブは、コールドプレスでその特徴的な風味を失わないよう配慮されています。

    お肉にも負けない、しっかりとした重みのある味わいは、加熱にも強いので肉料理におすすめ。

    お肉の脂と合わさって香る、オリーブの風味がたまらない一品です。

  • 内容量
    250ml
    生産国
    イタリア
    タイプ
    エクストラバージンオリーブオイル
  • ラニエリ エクストラヴァージン オリーブオイル
  • 2.オーバーシーズ

    ラニエリ エクストラヴァージン オリーブオイル

    参考価格 2,200円

  • 100年以上変わらない製法で作られているオリーブオイル

  • 『ラニエリ エクストラヴァージン オリーブオイル』は、イタリア中部ソレント半島の上質なオリーブと、南部のプーリア地方のフルーティーなオリーブを使ったオリーブオイルです。

    一世紀以上も変わらないこだわりの製法で大切に作られており、とにかく香り良さに定評があります。

    少し脂身の多いお肉とマリネしておくと脂にオリーブの香りが移るので、よりおいしく頂くことができますよ。

    爽やかな風味がお肉のレベルを底上げしてくれるので、焼く前のひと手間としてやってみてくださいね。

  • 内容量
    1,000ml
    生産国
    イタリア
    タイプ
    エクストラバージンオリーブオイル
  • エクストラバージンオリーブオイル
  • 3.ガルシア

    エクストラバージンオリーブオイル

    参考価格 900円

  • 最高品質のピクアル種・コルニカブラ種オリーブを使用

  • スペインのピクアル種やアルベキーナ種、オヒブランカ種などを合わせたバランスの良いオリーブオイル。

    いくつかの品種をブレンドしているため、味は平均的ですがまろやかさがあり、お肉との相性の良さがポイントです。

    また、酸度が0.7%という高品質なオイルの中では、非常にお求めやすい価格なのでコスパの良い商品といえるでしょう。

    お肉だけでなく、パスタなど料理全般で使いたいという方にもおすすめです。

  • 内容量
    1,000ml
    生産国
    スペイン
    タイプ
    エクストラバージンオリーブオイル
  • IMORI EXVオリーブオイルラウデミオ
  • 4.IMORI

    IMORI EXVオリーブオイルラウデミオ

    参考価格 4,330円

  • 若いオリーブの実を手摘みして搾るので、若草のような新鮮

  • 確かな品質である証拠である”ラウデミオ”の称号を持つ、イタリアでも少量しか出回らないトスカーナ産のオリーブオイル。

    まだ若いオリーブの実を贅沢に手摘みした、フレッシュな風味とさっぱりとした味わいが特徴的です。

    その軽やかさが、脂っこいお肉料理をよりおいしく仕上げてくれます。

    スペアリブやビーフシチューなどお肉の煮込み料理の風味付けにもおすすめです。

  • 内容量
    500ml
    生産国
    イタリア
    タイプ
    エクストラバージンオリーブオイル
  • エキストラヴァージンオリーブオイル
  • 5.フレスコバルディ・ラウデミオ

    エキストラヴァージンオリーブオイル

    参考価格 4,700円

  • 6kgのオリーブの実から、わずか1リットルの極上品

  • こちらもラウデミオの称号を持ち、手摘みで丁寧に作られたイタリア・トスカーナ地方のオリーブオイル。

    しかしながら、イモーリの風味とはまた異なる、シトラス系の爽やかさが特徴的です。

    また、6kgのオリーブからわずか1Lしかとれないという希少さは、お値段にも納得の価値を感じられます。

    オリーブオイルの概念が変わるともいわれるオリーブオイルですので、お肉料理以外にも万能的に使いたくなる味わいです。

  • 内容量
    500ml
    生産国
    イタリア
    タイプ
    エクストラバージンオリーブオイル

魚料理に合うおすすめのオリーブオイル5選

淡白で繊細な味わいの魚料理こそ、オリーブオイルの豊かな味わいが花開く場面です。

特に、新鮮な魚介と最高のオリーブオイルがあれば、他に調味料はいらないほどですよね。

そんな魚料理に合わせたい、最高品質のオリーブオイルをご紹介していきます。

  • クルス・デル・スール
  • 1.シラクサ社

    クルス・デル・スール

    3,000円(税抜)

  • フレッシュジュースのように爽やかな風味のオリーブオイル

  • スペイン原種のアルベキーナやギリシャ原種のコロネイキなどをブレンドした、フルーティでコクのあるオリーブオイル『クルス・デル・スール』。

    酸度が驚異的な0.2%という品質の良さは、実を摘んでから4時間以内に搾油するというこだわりが成し遂げた技です。

    もちろん、劣化が少ないフレッシュな味わいは他のオリーブオイルを超えますし、栄養価も高いのが特徴です。

    香りとコクのバランスが良いので、繊細な味わいのカルパッチョや和食にもおすすめです。

  • 内容量
    500ml
    生産国
    チリ
    タイプ
    エクストラバージンオリーブオイル
  • エクストラ ヴァージン オリーブオイル クラシコ
  • 2.ディ・チェコ

    エクストラ ヴァージン オリーブオイル クラシコ

    参考価格 520円

  • オリーブ本来の味わいと風味がしっかり味わえるオリーブオイル

  • 『エクストラ ヴァージン オリーブオイル クラシコ』は、イタリア・スペイン・ギリシャの上質なオリーブから作られた、酸度0.5%のフレッシュなオリーブオイルです。

    フルーティなオリーブ本来の風味が感じられるのは、鮮度の良い状態で作られた証ともいえるでしょう。

    また、使いやすい味わいと手に入れやすい価格から、コスパ的にも嬉しいオリーブオイルと言えますね。

    アクアパッツァやマリネにおすすめの、優しい味わいのオリーブオイルです。

  • 内容量
    250ml
    生産国
    イタリア
    タイプ
    エクストラバージンオリーブオイル
  • オーガニックエクストラヴァージンオリーブオイル
  • 3.ロマニコ

    オーガニックエクストラヴァージンオリーブオイル

    参考価格 1,810円

  • カタルーニャ地方産アルペキーナ種100%オリーブオイルの代名詞

  • スペイン・カタルーニャで作られた、有機栽培のアルベキーナ種で作られたコクのあるオリーブオイル。

    収穫後24時間以内にコールドプレス方式で搾油されることで、鮮度の良い酸度0.5%を実現しています。

    その特徴は、優しく魚介の旨味を引き出すコクとまろやかさ、そして奥深いジューシーな味わいです。

    スペイン料理でもあるアヒージョなど、魚介の旨味をしっかり引き出す料理に向いているオリーブオイルです。

  • 内容量
    500ml
    生産国
    スペイン
    タイプ
    エクストラバージンオリーブオイル
  • エキストラヴァージンオリーブオイル
  • 4.BIOPLANETE

    エキストラヴァージンオリーブオイル

    参考価格 1,200円

  • 口当たりのなめらかなフルーティーなテイスト

  • ポルトガルの有機栽培オリーブを使用し、フレッシュな風味を損なわないようコールドプレス方式で作られたオリーブオイル。

    風味はバランスが良くまろやかで、コスパ的にも優秀なオリーブオイルといえるでしょう。

    少しとろみがありコクが感じられるため、同じく脂が美味しいサーモンや熟成させたトロのお刺身などにもよく合います。

    一方で、淡白なイカやタコなども岩塩とレモンを合わせて、このオリーブオイルをひと回しするだけで大変おいしく仕上がりますよ。

  • 内容量
    500ml
    生産国
    ポルトガル
    タイプ
    エクストラバージンオリーブオイル
  • イタリア産有機エキストラヴァージンオリーブオイル
  • 5.biologicoils

    イタリア産有機エキストラヴァージンオリーブオイル

    参考価格 1,080円

  • コールドプレス方式で作られたフルーティーなテイストが魅力的なオリーブオイル

  • イタリアの有機栽培オリーブを使い、コールドプレス方式にて丁寧に作られた口当たりの良さが特徴的なオリーブオイル。

    サラサラとしたなめらかさが感じられ、尖ったクセがないので魚介の引き立て役にぴったりです。

    また、魚介と合わせるには250mlと少量であることも丁度良く、使い切る最後の一滴までフレッシュなおいしさを堪能できます。

    アクアパッツァや洋風南蛮漬けのカルピオーネなど、イタリアの魚介料理と相性の良いオリーブオイルです。

  • 内容量
    250ml
    生産国
    イタリア
    タイプ
    エクストラバージンオリーブオイル

個性派でおすすめのオリーブオイル5選

ここでは料理や用途の枠に収まりきらない、個性的なオリーブオイルのおすすめをご紹介していきます。

「そんな楽しみ方もあるんだ!」とオリーブオイルの概念が変わるものばかりです。

ぜひ味わってみてくださいね。

  • オリーブハート(春)プリメーラ/(夏)アマルゴ/(秋)ブリージョ/(冬)スアーベ
  • 1.すこやか工房

    オリーブハート(春)プリメーラ/(夏)アマルゴ/(秋)ブリージョ/(冬)スアーベ

    2本/3,800円(税抜)~

  • 日本人の舌に合わせたオリジナルブレンド

  • オリーブハートは、四季を楽しむ日本人に合わせて作られたオリーブオイルで、それぞれの季節に合わせた味を楽しむことができるでしょう。

    たとえば、春は目が覚めるようなフレッシュ感のあるオイルや、夏は少しスパイシーな香りが特徴のオイルが届けられます。

    これは、スペインの多種多様なオリーブを使用しているからこそ出来る、オリーブオイルの楽しみ方です。

    また、苦味が苦手な日本人が好む味わいを追求して作られたオリーブオイルなので、料理を選ばず、飽きずに楽しめます。

    オリーブハートは会員限定で購入することができ、一般市場には出回らない貴重なものです。

    その品質の良さをぜひ一度は味わってみてくださいね。

  • 内容量
    225g
    生産国
    スペイン
    タイプ
    エクストラバージンオリーブオイル
  • オリーブオイルスプレー 3本セット (エキストラヴァージン+ガーリック味+トリュフ味)
  • 2.マントヴァ

    オリーブオイルスプレー 3本セット (エキストラヴァージン+ガーリック味+トリュフ味)

    参考価格 3,400円

  • 野外でのバーベキューやパーティに最適!もちろん普段使いにも!

  • イタリア産で品質が確かな味わいながら、珍しいスプレータイプのオリーブオイル。

    オリーブオイルを使う上で、不便に感じることの多い液ダレやかけ過ぎを防止できる、ありそうでなかったタイプです。

    また、スプレータイプは酸化も防止できるので、いつまでも新鮮な風味を楽しむことができますよ。

    ノーマルのエクストラバージンオリーブオイルのほか、ガーリックやトリュフのフレーバーもおいしいと人気です。

    味わいのアクセントに、シュッと一拭きしてみてくださいね。

  • 内容量
    228g
    生産国
    イタリア
    タイプ
    エクストラバージンオリーブオイル
  • 小豆島産有機エキストラバージンオリーブオイル
  • 3.山田オリーブ園

    小豆島産有機エキストラバージンオリーブオイル

    4,500円(税抜)

  • 小豆島の自家農園で完全無農薬有機栽培で育てたオリーブ100%

  • 『小豆島産有機エキストラバージンオリーブオイル』は、日本人なら一度は味わっておきたい、国産のエクストラバージンオリーブオイルです。

    おすすめポイントは、小豆島で有機栽培で育てられ、手摘み後12時間以内に自家搾油というこだわりのオリーブオイルです。

    地中海地方のオリーブオイル名産地よりも丁寧に作られている、と言っても決して過言ではありません。

    日本人らしい品質へのこだわりや、どんな人が・どんなところで作っているか分かるのは、やはり安心ですよね。

    フレッシュでピリリと辛味が残る新鮮なオリーブオイルですので、パンやお肉と合わせて食べるのがおすすめです。

  • 内容量
    120ml
    生産国
    日本
    タイプ
    エクストラバージンオリーブオイル
  • アルドイノ エキストラヴァージン オリーブオイル フルクトゥス
  • 4.フードライナー

    アルドイノ エキストラヴァージン オリーブオイル フルクトゥス

    参考価格 1,630円

  • 絞らずすりつぶしたオリーブのみを使った優しい味わい

  • イタリア・リグーリア州の小さな小さなメーカーで作られた、辛味が抑えられてフルーティーなオリーブオイル。

    日本で一番おいしいオリーブオイルといえば、このオリーブオイルを語らずにはいられません。

    そのおいしさは、「オリーブにいかに負担をかけずに仕上げるか」にこだわる姿勢を見れば納得です。

    たとえば、オリーブは絞るのではなく、実を石臼ですり潰した際に自然に流れ出たジュースのみを使用しています。

    ほかにも、不純物を取り除くためのろ過は行わずに、自然に沈殿するのを待ちます。

    このようなオリーブオイルにストレスを与えないことが、その繊細な風味を生み出すのです。

    こちらのオリーブオイルは、その上品な味わいを堪能するべく、サラダやパンと合わせるのがおすすめ。

    また、ちょっと贅沢ですが、バニラアイスやヨーグルトと合わせても絶品です。

    一生のうちに一度は味わっておきたい、そんな日本人好みの理想的なオリーブオイルをぜひご賞味あれ。

  • 内容量
    250ml
    生産国
    イタリア
    タイプ
    エクストラバージンオリーブオイル
  • 大塚オリーブファーム エクストラヴァージン・オリーブオイル
  • 5.Fuado's Harvest

    大塚オリーブファーム エクストラヴァージン・オリーブオイル

    参考価格 1,410円

  • 有機農法で栽培したオリーブの実を、早朝にひと粒ずつ丁寧に手摘み

  • オリーブ原産地ともいわれるレバノンの小さなオリーブ園で作られる、他国では作り出せない深い味わいのオリーブオイル。

    このオリーブオイルは、レバノン生まれ・日本国籍の弁護士である大塚不破土(ふあど)さんが家族とともに作っています。

    そんな日本とは所縁があるオリーブオイルですが、味も香りもクセがないのにしっかり主張がある、どこか不思議な魅力があります。

    また、オリーブをそのまま瓶に詰めたようなモスグリーンの色合いは、フレッシュでフルーティーな味わいです。

    このオリーブオイルを使うとサラダの摂取量が一気に上がるといわれるほど、サラダとの相性で右に出る者はいません。

    このオリーブ園・このオリーブオイルでしか味わえない風味を、ぜひ一度試してみてくださいね。

  • 内容量
    120ml
    生産国
    レバノン
    タイプ
    エクストラバージンオリーブオイル

オリーブオイルの保存方法

おいしいお気に入りのオリーブオイルを見つけたら、ぜひ意識していただきたいのがその保存方法です。

なぜなら、いくらおいしいオリーブオイルでも、保存状態が良くなければ、その繊細な風味は損なわれてしまうからです。

おいしいオリーブオイルの品質を、少しでも長く保つためには次の3点に気をつけましょう。

空気に触れさせない

オリーブオイルは酸素に触れることで、”酸化”をします。

酸化はオリーブオイルにとって天敵で、空気に触れるほどまずくなってしまうのです。

ご家庭でも、何度も揚げ物をして古くなった油は、黒くて油臭いですよね。

これは、揚げ物をすることで油の中に空気が入り込み、酸化してしまったからなのです。

封を切ったばかりのオリーブオイルと、使い終わる頃のオリーブオイルでは味わいが全く違う、と感じた経験はないでしょうか?

特に、風味豊かで高級なオリーブオイルほど酸化には弱く、途端においしさが逃げてしまいます。

そのため、空気に触れる面積を最小限にするため、小さい容量のオリーブオイルを購入するのがおすすめです。

また、容量が大きい場合は、1ヶ月程度で使い切れる大きさの瓶に移し替えておきましょう。

その際に多少は酸化してしまいますが、使用するたびに酸化するよりも風味を損なわずに済みます。

光を当てない

オリーブオイルの栄養素はとても繊細で、それは光が当たっただけでも分解されて状態が変わってしまうほど脆いものです。

せっかく栄養価・風味ともに良い状態のオリーブオイルを手に入れても、光が当たって損なわれてしまうのはもったいないですね。

そのため、オリーブオイルは光の当たらない戸棚に入れて保管するのがおすすめ。

また、理科の実験室に置いてあるような、褐色の瓶に入っているものを購入するのも一つの手です。

温度変化をさせない

オリーブオイルは、温度変化にも弱いものです。

特に、冷やすと固まって成分が白い粉のように沈殿してしまいますよね。

これは、もちろん食べられるのですが、やはり風味は落ちてしまいます。

常温に戻せば元のような液体になることもあり、「品質に問題ありません」と書かれているものもあります。

しかし、繊細で高級なオリーブオイルであればあるほど、その風味は変化してしまうのは否めません。

一度壊れてしまった成分は、不安定でなかなか元通りにはならないのです。

ですから、なるべく少量ずつ購入し、早めに使い切るようにするのがベストといえます。

せっかくおいしいオリーブオイルを用意するわけですから、おいしく食べられるように細かい部分にも気を配りたいものですね。

まとめ

おすすめのオリーブオイルをご紹介しましたが、あなたの気になるオリーブオイルはあったでしょうか?

料理に合ったオリーブオイルを使えば、それだけで料理の腕はグンと上がりますよ。

また、オリーブオイルはただおいしいだけでなく、健康に美容にとメリットはたくさんあります。

ぜひ、先にご紹介したオリーブオイルの選び方を参考に、自分好みのオリーブオイルを選んでみてくださいね。

食事が毎回楽しみになるようなお気に入りのオリーブオイルと出会えることを願っています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加