【全36商品徹底調査】おすすめのボディウォッシュタオル10選

体の汚れや臭いを落としてくれる、体を洗うタオル。

毎日使うものだからこそ、しっかりとしたものを選びたいですよね。

今回は、そんなおすすめのお風呂で体を洗うタオルを紹介していきます。

体を洗うタオルにこだわることで、肌のトラブルを解決したり、肌を綺麗に保つことができたりするので、ぜひ確認してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボディウォッシュタオルの選び方

おすすめのボディウォッシュタオルを紹介していくにあたって、まずはボディウォッシュタオルの選び方を紹介していきます。

素材や種類などで、洗い心地がかなり変わってくるので、ぜひご確認ください。

素材から選ぶ

ボディウォッシュタオルを選ぶにあたって、素材はしっかり確認したいポイントとなっています。

主なボディウォッシュタオルの素材は、「合成繊維(ナイロン・ポリエステル)」「綿(コットン)」「麻(リネン)」「絹(シルク)」の4種類あり、それぞれ特徴は次の通りです。

  • 合成繊維(ナイロン・ポリエステル)
    ナイロンやポリエステルといった合成繊維は、しっかり泡立つので、皮脂や汚れをしっかり落とすことができるのが特徴です。ごしごし洗うと肌を傷つけてしまう可能性もありますが、泡で体を洗うイメージをすると優しい洗い心地を実感できるでしょう。
  • 綿(コットン)
    コットンは、素材自体が柔らかく刺激が少ないので、敏感肌の方におすすめです。赤ちゃんや、肌荒れをよく起こしてしまう方でも使いやすいので、家族で使うのにもおすすめです。
  • 麻(リネン)
    麻は、速乾性に優れた素材なので、浴室乾燥がないご家庭の方や、浴室の湿度が気になるといった方におすすめです洗い心地も、ほどよい刺激があって、血行促進になったり、かゆい部分にしっかりアプローチすることができるでしょう。
  • 絹(シルク)
    シルクは、繊維が非常に細かいので、毛穴の汚れや角質を落とすのに役立ちます。また保湿効果も高いと言われているので、美容意識が高い方には嬉しい素材でしょう。

目的や肌質に合わせて選んでいくことで、正しいボディウォッシュタオル選びができます。

種類をチェック

ボディウォッシュタオルは、主にいわゆるタオルのタイプと、ネットのタイプの2つに分けることができます。

  • タオルタイプ
    洗いやすく、全身を簡単に洗うことができる、素材によってメリットデメリットがある
  • ネットタイプ
    泡立ちがよく、お肌に優しい、背中などが少し洗いにくい

それぞれ良さがあるので、ご自分に合うものを選んでいきましょう。

長さを確認

最終確認程度で大丈夫ですが、長さも確認していきましょう。

100cm程度の長さが標準と言われているので、基本的に80~120cmの間を選べば問題ないでしょう。

おすすめのボディウォッシュタオル10選

いよいよここから、おすすめのボディウォッシュタオルを紹介していきます。

次の2種類に分けて紹介していきますので、ぜひ気になる部分からご確認ください。

※タップすると該当箇所に移動します

タオルタイプでおすすめのボディウォッシュタオル5選

まずは、タオル型でおすすめののボディウォッシュタオルを紹介していきます。

素材によって使い心地もかなり変わってくるので、気になるものがあったら、ぜひしっかり見てみてください。

  • アワスターアワスターアワスターアワスター
    アワスターアワスターアワスターアワスター
  • 1.キクロン

    アワスター

    参考価格700円

  • きめ細やかなモコモコ泡で優しく洗えるボディウォッシュタオル

  • 「アワスター」は、12秒に1枚売れていると言われているボディウォッシュタオルで、累計3200万枚以上の販売実績があります。

    キクロン独自の立体織りを採用しており、中に空気をたくさん溜められるところがアワスターの特徴。ボディソープでも石けんでも、少ない量でしっかり泡立ちます。

    また繊維には、ストッキングでおなじみの「超極細66ナイロン繊維」をたっぷり使用。コシと柔らかさがあり、きめ細かい泡ができるので、肌を優しく洗えるでしょう。

    ボディウォッシュタオルの肌触りは、超やわらかめから超かためまでの5種類が用意されています。他にメンズタイプや子供用もあります。

    泡立ちの良いボディウォッシュタオルを探している方は、ぜひ一度使ってみてください!

  • みるみる泡立つボディタオル
  • 2.ビオレu

    みるみる泡立つボディタオル

    参考価格 380円

  • 弱酸性で肌をダメージから守ってくれる泡立ちのいいボディタオル

  • 『みるみる泡立つボディタオル』は、ボディソープでおなじみのビオレuが販売する、泡立ちの良さが魅力のボディタオルです。

    使う際は、こちらのタオルを十分にお湯で濡らし、ボディソープを含ませ、軽く泡立てるだけで肌を優しく包んでくれるモコモコ泡ができあがります。

    日本製のタオル生地には、弱酸性に保ってくれる素材が使用されており、肌荒れや外敵ダメージからしっかり肌を守ってくれるでしょう。

    水きれのいいメッシュ素材で衛生面にも配慮された『みるみる泡立つボディタオル』をぜひ購入してみてください。

  • モアソフト・ボディタオル
  • 3.マーナ

    モアソフト・ボディタオル

    700円(税抜)

  • ノン・アレルゲンで肌の弱い方も安心なボディタオル

  • マーナの『モアソフト・ボディタオル』は、アレルゲンを極限までゼロにした「ラ・モルフェ」という繊維を使用しており、肌の弱い方でも安心して使えるボディタオルとなっています。

    また、肌触りのいい天然素材の綿を100%使用しているうえに、マーナ独自の編み方でふっくら仕上げており、手触りも抜群。

    石鹸を使わずに汚れを落とすことができるなど、心地よい肌触りだけでなく洗浄力も併せ持った商品です。

    肌が弱く自分に合ったボディタオルが見つからないとお困りの方は、『モアソフト・ボディタオル』の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

  • 麻ボディタオル
  • 4.東和産業

    麻ボディタオル

    参考価格 500円

  • サラッとした洗いあがり!天然素材の麻ボディタオル

  • 東和産業の『麻ボディタオル』は、吸水性に優れた天然素材の麻を使用しており、サラッとした洗いあがりを求めている方にピッタリのボディタオルに仕上がっています。

    生地には綿が40%含まれているため、麻100%のものよりも泡立ちがよく洗いやすいです。

    また、タオルのサイズは縦24㎝、横100㎝で、手が届きにくい背中側もしっかり洗うことができるでしょう。

    やや硬めで天然素材のボディタオルを求めている方は、『麻ボディタオル』を試してみてはいかがですか。

  • 絹姫ボディタオル
  • 5.ハッピーシルク

    絹姫ボディタオル

    参考価格 2,000円

  • 上質なぐんまシルクを贅沢に使用したボディタオル

  • 群馬産のシルクは質が良く、話題になっていますが、こちらのハッピーシルクの『絹姫ボディタオル』は、そんなぐんまシルクを100%も使用したボディタオルです。

    シルク製のため泡立ちは弱いですが、こちらの製品は古い角質を落とすことができるため、つるつるのうつくしい肌を手に入れることができるでしょう。

    通常、角質を落とす際はどうしても肌に負担がかかってしまうものですが、『絹姫ボディタオル』の素材であるシルクは、人間の肌の構造に近いため肌に潤いを与えつつ古い角質を落としてくれます。

    つるんとした美しいお肌にしてくれる『絹姫ボディタオル』は、上質なボディタオルをお求めの方に自信を持っておすすめできる商品です。

おすすめのボディウォッシュネット5選

次におすすめのボディウォッシュネットを紹介していきます。

ボディウォッシュネットは、肌に優しく敏感肌の方でも使いやすいので、ぜひチェックしてください。

  • ウルトラファインバスリリー クリーム
  • 1.ザ・ボディショップ THE BODY SHOP

    ウルトラファインバスリリー クリーム

    540円(税込)

  • 泡立ちと速乾性の良さが魅力の可愛らしいボディウォッシュネット

  • ザ・ボディショップは、おしゃれで鮮やかな色のバスボムから、石鹸、ボディクリームなど、多彩な商品を扱っており、自然派コスメブランドとして女性から絶大な人気を得ています。

    そんなザ・ボディショップの『ウルトラファインバスリリー クリーム』は、素早い泡立ちと速乾性が魅力のボディウォッシュネットです。

    カラーはやさしい印象のクリームと、女性らしい印象のビビッドなピンクの2種類です。どちらのバスリリーもあなたのバスタイムを可憐に演出してくれるでしょう。

    『ウルトラファインバスリリー クリーム』は、ザ・ボディショップを利用したことがない方も虜になる可愛らしいボディウォッシュネットです。

  • PLYS (プリス) シルキーウォッシュ
  • 2.オカ

    PLYS (プリス) シルキーウォッシュ

    参考価格 380円

  • かわいいパステルカラー5色から選べるボディウォッシュネット

  • オカの『PLYS (プリス) シルキーウォッシュ 体洗い』の魅力は、グリーンやベージュ、ホワイト、ライトピンク、ライトブルーといった、かわいいパステルカラーが5色もそろったバリエーション豊富な点。ころんとした愛されフォルムに、淡いパステルカラーのこちらのボディウォッシュネットは、使っていると思わず癒されてしまうことでしょう。

    こちらのボディウォッシュネットはPLYS (プリス)バスミューズシリーズとして、バスマットやバスタオルと同じカラーでそろえることができます。カラーを合わせるとインテリアに統一感が出るため、より素敵なバスルームになることでしょう。

    『PLYS (プリス) シルキーウォッシュ』は、自分の好みの色を選びたい方、インテリアにこだわりのある方におすすめの商品です。

  • 泡立てボール・大 約50g
  • 3.無印良品 MUJI

    泡立てボール・大 約50g

    190円(税込)

  • 泡立ちやすくコスパバツグン!無印良品のボディウォッシュネット

  • 質の高い商品が購入できることでおなじみの、無印良品の『泡立てボール・大 約50g』は、一つ190円というお求めやすい値段でありながら、モコモコ泡が簡単に作れるというコスパ抜群のボディウォッシュネットです。

    価格が安いと品質が心配になりますが、そこは品質を重視する無印良品のボディウォッシュネットなので心配いりません。実際、無印良品の公式オンラインショップの口コミ評価は高く、泡立ちの良さや泡切れの良さを絶賛する声が見られました。

    コスパ最強の『泡立てボール・大 約50g』は、はじめてボディウォッシュネットを購入する方にぜひおすすめしたい商品です。

  • リボンバスボールP
  • 4.東和産業

    リボンバスボールP

    参考価格 300円

  • 上品なリボン付き!やわらかネットでやさしく洗えるボディウォッシュネット

  • ボディウォッシュネットは、硬くてごわごわする素材のものも多いですよね。東和産業の『リボンバスボールP』はふわふわでやわらかい素材のネットで、泡立てている最中も手触りがよく、良い使い心地を楽しむことができます。

    ボディソープだけでなく、石鹸でもよく泡立ってくれるなど、泡立ちの良さも格別です。

    カラーは女性らしいピンクとさわやかなグリーンの2種類。どちらもかわいらしいカラーな上に価格も手ごろなため、気に入った場合は色違いで購入することもおすすめ。

    やわらかいボディウォッシュネットが好みの場合は、『リボンバスボールP』を試してみてはいかがでしょうか。

  • awa hour Fleur (あわわ フローラ)
  • 5.株式会社富士

    awa hour Fleur (あわわ フローラ)

    参考価格 1,620円

  • 肌荒れ・乾燥肌の方におすすめ!ローラーネットが肌を優しく洗う

  • ローラーネットが付いたタイプのボディタオル『awa hour Fleur (あわわ フローラ)』。

    肌の上を滑らせると、ネット部分がクルクル回転する仕組みになっており、肌を優しく洗うことができます。

    特に、ボディタオルやボディスポンジだと、肌荒れ・乾燥してしまうという方におすすめです。

    『あわわ フローラ』は、その泡立ちの良さがポイント。2プッシュほどでしっかり泡立つため、ボディーソープの節約にもなります。

    手洗いよりも背中が洗いやすく、時短にもなるので、ぜひ一度試してみてください。

おすすめのボディウォッシュタオル比較表

ここまで様々なボディウォッシュタオルを紹介してきましたが、ここで振り返って比較してみましょう。

  • 商品画像
  • 商品名
  • 特徴
  • 価格
  • 商品リンク
  • アワスター

    1.キクロン

  • アワスター
  • きめ細やかなモコモコ泡で優しく洗えるボディウォッシュタオル
  • 参考価格700円
  • 詳細を見る
  • みるみる泡立つボディタオル

    2.ビオレu

  • みるみる泡立つボディタオル
  • 弱酸性で肌をダメージから守ってくれる泡立ちのいいボディタオル
  • 参考価格 380円
  • 詳細を見る
  • モアソフト・ボディタオル

    3.マーナ

  • モアソフト・ボディタオル
  • ノン・アレルゲンで肌の弱い方も安心なボディタオル
  • 700円(税抜)
  • 詳細を見る
  • 麻ボディタオル

    4.東和産業

  • 麻ボディタオル
  • サラッとした洗いあがり!天然素材の麻ボディタオル
  • 参考価格 500円
  • 詳細を見る
  • 絹姫ボディタオル

    5.ハッピーシルク

  • 絹姫ボディタオル
  • 上質なぐんまシルクを贅沢に使用したボディタオル
  • 参考価格 2,000円
  • 詳細を見る
  • ウルトラファインバスリリー クリーム

    1.ザ・ボディショップ THE BODY SHOP

  • ウルトラファインバスリリー クリーム
  • 泡立ちと速乾性の良さが魅力の可愛らしいボディウォッシュネット
  • 540円(税込)
  • 詳細を見る
  • PLYS (プリス) シルキーウォッシュ

    2.オカ

  • PLYS (プリス) シルキーウォッシュ
  • かわいいパステルカラー5色から選べるボディウォッシュネット
  • 参考価格 380円
  • 詳細を見る
  • 泡立てボール・大 約50g

    3.無印良品 MUJI

  • 泡立てボール・大 約50g
  • 泡立ちやすくコスパバツグン!無印良品のボディウォッシュネット
  • 190円(税込)
  • 詳細を見る
  • リボンバスボールP

    4.東和産業

  • リボンバスボールP
  • 上品なリボン付き!やわらかネットでやさしく洗えるボディウォッシュネット
  • 参考価格 300円
  • 詳細を見る
  • awa hour Fleur (あわわ フローラ)

    5.株式会社富士

  • awa hour Fleur (あわわ フローラ)
  • 肌荒れ・乾燥肌の方におすすめ!ローラーネットが肌を優しく洗う
  • 参考価格 1,620円
  • 詳細を見る

まとめ

今回は、おすすめのボディウォッシュタオルを紹介しました。

体を洗うタオルにこだわることで、肌の悩みや気になる点にアプローチすることができます。

ぜひボディウォッシュタオルにこだわって、キレイな肌を手に入れてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加