【人気21商品を比較】一人暮らしにおすすめのWi-Fiルーター10選

一人暮らしだとスマホしか持っていない人がほとんど。映画を見たり音楽を聞いたりしていると、あっという間に速度制限になっていた経験がありませんか?

速度制限を受けるとほとんど何もできなくなりますし、たとえデータ容量を追加できても、その料金は高くなりがちです。

そこで今回は、一人暮らしでも手軽に使える、おすすめのWi-Fiルーターをご紹介します。

初めて購入する方のために、種類や選び方についてもまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

<先におすすめ商品をチェックする>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一人暮らしでWi-Fiルーターを使うのはお得?

最近は、AmazonプライムビデオやHuluなどの動画配信サービスを利用して、安い月額料金で映画を見たり、音楽を聞いたりできるようになっています。また、Youtube・AbemaTVなども人気です。

しかし、スマホのデータ容量だけでこれらの動画を長時間視聴するのは無理があります。月末近く、早い人なら月半ばで速度制限を受けてしまうでしょう。

また、データ容量の追加もできますが、すぐに使い切ってしまうのであまりおすすめしません。

そこでWi-Fiルーターを利用すれば、スマホのデータ容量がどれだけ残っているかを気にすることなく使えるようになります。

またスマホの月額量も、今利用しているプランから、さらに安いプランに変更できるかもしれません。

なので、一人暮らしでもWi-Fiルーターを持っておくことをおすすめします。

【初めての方は必見】Wi-Fiルーターを選ぶポイント

ここでは、Wi-Fiルーターの選び方について紹介します。大きく分けて3つのポイントがあるので、おすすめ商品を見る前に確認しておきましょう。

  1. 単体で使えるか
  2. 持ち運びができるか
  3. 広い範囲で利用できるか

1.単体で使えるか

Wi-Fiルーターには、単体で使えるタイプと単体では使えないタイプの2種類があります。

単体で使えるタイプ 単体で使えないタイプ
工事・撤去費用なし 費用がかかる場合あり
届いてすぐに使える すぐに工事ができない
月額料金は少し高め 月額料金は安い

単体で使えないタイプは、光回線のONUやモデムと呼ばれる終端装置と接続して、初めて使えるようになります。そのため、工事費用や撤去費用がかかるかもしれません。

特に女性の場合、「作業員が家の中に入ってくるのは気がひける」と感じる方も多いそうです。

また、工事の作業が来るまでに2~3週間、長いときには1ヶ月以上待たされることもあるでしょう。

一方、単体でも使えるタイプは工事の必要がなく、届いてすぐネットに繋げられます。

月額料金こそ少し高いものの、一人暮らしの方には、単体で使えるWi-Fiルーターがおすすめです。

2.持ち運びができるか

Wi-Fiルーターには、家でしか使えない「ホームルータータイプ」と、外出先でも使える「モバイルルータータイプ」があります。

ホームルータータイプは、電源をコンセントにつなげて使うものです。電波が安定していて、家の中であればどこでも繋がります。

一方、モバイルルータータイプには、バッテリーが内蔵されているので、外に持ち運ぶことが可能です。

そのため、自分にあったWi-Fiルーターのタイプを選ぶようにしましょう。

3.広い範囲で利用できるか

Wi-Fiを使える範囲については、「LTE」に対応しているか「WiMAX 2+」に対応しているかによって異なります。

LTE対応ルーターは、ソフトバンクやドコモなどの電波を利用していることが多く、郊外や山間部でも繋がります。スマホが使えるところであれば問題ないと考えて良いでしょう。

一方、WiMAX 2+対応ルーターは、LTEほど電波が広くありません。郊外や山間部では繋がりづらい、もしくはまったく繋がらないところもあります。

どちらも都市部であれば問題ありませんが、気になる方はチェックしてみてください

おすすめのLTE/WiMAX 2+対応ルーター10選

ではここから、おすすめのWi-Fiルーターを紹介します。

人気21商品の中から、編集部が厳選したものをまとめているので、ぜひ自分に合いそうなルーターを探してみてください。

  • Speed Wi-Fi NEXT W06Speed Wi-Fi NEXT W06
    Speed Wi-Fi NEXT W06Speed Wi-Fi NEXT W06
  • 1.HUAWEI(ファーウェイ)

    Speed Wi-Fi NEXT W06

  • モバイルWi-Fiルーターの中でトップクラスの受信速度

  • 『Speed Wi-Fi NEXT W06』は、2019年1月に発売された、HUAWEI(ファーウェイ)の最新モバイルWi-Fiルーターです。

    このモバイルWi-Fiルーターの特徴は、1Gbpsを超える受信速度に対応していること。データ容量の多い高画質動画も、サクサクみることができます。

    また、アンテナの受信感度も約20%向上しているので、今まで繋がりにくかった場所でもしっかり受信できるでしょう。

    今ならお得なキャンペーンを実施中なので、ぜひ一度公式サイトでチェックしてみてください。

  • 種類
    モバイルWi-Fiルーター
    利用電波
    WiMAX 2+/LTE
  • Speed Wi-Fi NEXT WX05Speed Wi-Fi NEXT WX05
    Speed Wi-Fi NEXT WX05Speed Wi-Fi NEXT WX05
  • 2.NEC

    Speed Wi-Fi NEXT WX05

  • バッテリーが長持ち!最大で約14時間使える

  • 2018年11月に発売された、国産のWiMAX 2+ルーター『Speed Wi-Fi NEXT WX05』。設定が簡単にできる「おまかせ一括設定機能」が搭載されているので、初心者でも安心して始められます。

    また、電波の混み具合をチェックする機能がついているところもポイントです。周りのルーターが使っていない電波領域に手動で変更できるので、スムーズに使えるでしょう。

    このモバイルルーターのバッテリーは、ノーマル設定で約11時間、省エネ設定で約14時間使えます。外出の時間が長い方には、特におすすめです。

  • 種類
    モバイルWi-Fiルーター
    利用電波
    WiMAX 2+/LTE
  • Speed Wi-Fi NEXT W05Speed Wi-Fi NEXT W05
    Speed Wi-Fi NEXT W05Speed Wi-Fi NEXT W05
  • 3.HUAWEI(ファーウェイ)

    Speed Wi-Fi NEXT W05

  • 面倒な設定の手間がかからない「Wi-Fiお引越し機能」付き

  • Speed Wi-Fi NEXT W06より一つ前世代のWi-Fiルーターです。

    これまで使用していたWi-Fiルーターがあれば、その設定を引き継ぐことのできるWi-Fiお引越し機能が付いていて、面倒なWi-Fi設定を再び行う手間が省けます。

    最大受信速度は、同社の「Speed Wi-Fi NEXT W06」には及びませんが、758Mbpsの高速受信が可能な機種です。

    LTE電波も使えますが、7GBまでしか利用できないので、WiMAX 2+電波をメイン利用するのがおすすめです。

  • 種類
    モバイルWi-Fiルーター
    利用電波
    WiMAX 2+/LTE
  • Speed Wi-Fi HOME L02
  • 4.HUAWEI(ファーウェイ)

    Speed Wi-Fi HOME L02

  • 自宅で高画質な動画を見るならこれ!

  • バッテリーが内蔵されていない、ホームルータータイプの『Speed Wi-Fi HOME L02』。

    このルーターは「Speed Wi-Fi NEXT W06」と同じく、最大受信速度は1Gbpsを超えるため、快適に高画質動画を視聴できます。

    アンテナは4本内蔵されており、すべての方位をカバーしているので、通信感度や接続の安定性も向上しているところも特徴の1つです。

    デザインもシンプルで、どんな部屋にも馴染んでくれるでしょう。

  • 種類
    ホームWi-Fiルーター
    利用電波
    WiMAX 2+/LTE
  • WiMAX HOME 01WiMAX HOME 01
    WiMAX HOME 01WiMAX HOME 01
  • 5.NEC

    WiMAX HOME 01

  • WiMAX 2+の電波が入りにくい場所でも繋がりやすい

  • 『WiMAX HOME 01』は、同社の「Speed Wi-Fi NEXT WX05」と同じ、WiMAXハイパワーにも対応しているホームWi-Fiルーターです。

    本体には、NECが独自開発したワイドレンジアンテナが搭載されているので、これまでWiMAX 2+の電波が入りにくかった場所でも受信できるようになっています。

    また大きさは、幅7cm、高さ15.5cm、奥行き10cmのコンパクトサイズ。部屋の置き場所にも困らないので、ぜひ一度チェックしてみてください。

  • 種類
    ホームWi-Fiルーター
    利用電波
    WiMAX 2+/LTE
  • ソフトバンクエアー Airターミナル4
  • 6.Softbank

    ソフトバンクエアー Airターミナル4

  • コンセントに差すだけで全国どこでも使える

  • ホームルータータイプの中でも、一番人気のある『ソフトバンクエアー』。

    住む地域によって最高受信速度が変わってきますが、全国どこでも利用できます。

    このホームルーターには、スマホのような月間のデータ容量の上限はなく、原則として速度制限もありません。

    また、1000BASE-T対応のポートが2つ付いていて、LANケーブルをつないでの有線接続による送受信も可能です。

    ソフトバンクもしくはソフトバンク代理店で契約する必要がありますが、一人暮らしで使う分には十分な機能が揃っていると言えるでしょう。

  • 種類
    ホームWi-Fiルーター
    利用電波
    AXGP/LTE
  • Wi-Fi STATION HW-01L
  • 7.HUAWEI(ファーウェイ)

    Wi-Fi STATION HW-01L

  • docomoユーザーならお得に使えるモバイルWi-Fiルーター

  • 『Wi-Fi STATION HW-01L』は、docomoのHUAWEI(ファーウェイ)製Wi-Fiルーターです。

    このモバイルWi-Fiルーターは、都市部を中心にエリアが広がっているPREMIUM4Gを利用すると、受信速度が1Gbps以上になるので、かなり速くなります。

    また、USBポートが付いているクレードルと呼ばれる台を使うと、有線で接続することも可能です。

    ただし、Wi-Fiルーター単体でdocomoと契約すると、月額料が高くなりがちなので注意してください。スマホとセットで購入し、データ容量を分け合いながら使うのがおすすめです。

  • 種類
    モバイルWi-Fiルーター
    利用電波
    LTE/PREMIUM4G
  • Pocket WiFi 801HW
  • 8.HUAWEI(ファーウェイ)

    Pocket WiFi 801HW

  • 最大16台と接続できる!高速通信でバッテリーも長持ち

  • YmobileのHUAWEI(ファーウェイ)製Wi-Fiルーター『Pocket WiFi 801HW』。ノーマル設定で約8時間、省エネ設定で約10時間、バッテリーが持ちます。

    このモバイルWi-Fiルーターは、月間7GBまで高速通信が可能です。

    それを超えると128kbpsの速度制限がかかりますが、「アドバンスオプション」に加入すればデータ容量の上限がなくなります。

    また、最大16台と同時に接続できるところも嬉しいポイントです。

  • 種類
    モバイルWi-Fiルーター
    利用電波
    AXGP/LTE
  • Pocket WiFi 601ZTPocket WiFi 601ZT
    Pocket WiFi 601ZTPocket WiFi 601ZT
  • 9.ZTE(中興通訊)

    Pocket WiFi 601ZT

  • Wi-Fiルーターを頻繁に使う予定がない方におすすめ

  • 愛らしいコンパクトなサイズが特徴の、Ymobileの『Pocket WiFi 601ZT』。電波エリアが広く、ほぼ全国で使うことができます。

    また、このモバイルWi-Fiルーターには、データ容量が5GBのプランも用意されています。費用を抑えることができるので、普段から7GBを超えない方におすすめです。

    バッテリーの持ち時間も、ノーマル設定で約8.5時間、省エネ設定で約10時間となっています。あまり頻繁に使わないのであれば、ぜひ一度チェックしてみてください。

  • Aterm MR05LN
  • 10.NEC

    Aterm MR05LN

  • シーンに応じて使い分けができるSIMフリーのWi-Fiルーター

  • NECの『Aterm MR05LN』は、SIMフリーのWi-Fiルーターです。

    本体のみの販売で1~2万円ほどしますが、データSIMを購入すれば、全国どこでも利用できるようになります。

    使うデータSIMは、イオンモバイル・QTモバイル・IIJmio・mineo・楽天モバイルなどの格安SIMプロバイダが提供しているものです。

    また、デュアルSIMにも対応しており、必要に応じて使い分けられるところも便利でしょう。

  • 種類
    モバイルWi-Fiルーター
    利用電波
    LTE

一人暮らしにおすすめのWi-Fiルーター比較表

ここでは、一人暮らしにおすすめのWi-Fiルーターを比較一覧表にまとめてみました。特徴などをぜひ比べてみてください。

  • 商品画像
  • 商品名
  • 特徴
  • 種類
  • 利用電波
  • 商品リンク
  • Speed Wi-Fi NEXT W06

    1.HUAWEI(ファーウェイ)

  • Speed Wi-Fi NEXT W06
  • モバイルWi-Fiルーターの中でトップクラスの受信速度
  • モバイルWi-Fiルーター
  • WiMAX 2+/LTE
  • 詳細を見る
  • Speed Wi-Fi NEXT WX05

    2.NEC

  • Speed Wi-Fi NEXT WX05
  • バッテリーが長持ち!最大で約14時間使える
  • モバイルWi-Fiルーター
  • WiMAX 2+/LTE
  • 詳細を見る
  • Speed Wi-Fi NEXT W05

    3.HUAWEI(ファーウェイ)

  • Speed Wi-Fi NEXT W05
  • 面倒な設定の手間がかからない「Wi-Fiお引越し機能」付き
  • モバイルWi-Fiルーター
  • WiMAX 2+/LTE
  • 詳細を見る
  • Speed Wi-Fi HOME L02

    4.HUAWEI(ファーウェイ)

  • Speed Wi-Fi HOME L02
  • 自宅で高画質な動画を見るならこれ!
  • ホームWi-Fiルーター
  • WiMAX 2+/LTE
  • 詳細を見る
  • WiMAX HOME 01

    5.NEC

  • WiMAX HOME 01
  • WiMAX 2+の電波が入りにくい場所でも繋がりやすい
  • ホームWi-Fiルーター
  • WiMAX 2+/LTE
  • 詳細を見る
  • ソフトバンクエアー Airターミナル4

    6.Softbank

  • ソフトバンクエアー Airターミナル4
  • コンセントに差すだけで全国どこでも使える
  • ホームWi-Fiルーター
  • AXGP/LTE
  • 詳細を見る
  • Wi-Fi STATION HW-01L

    7.HUAWEI(ファーウェイ)

  • Wi-Fi STATION HW-01L
  • docomoユーザーならお得に使えるモバイルWi-Fiルーター
  • モバイルWi-Fiルーター
  • LTE/PREMIUM4G
  • 詳細を見る
  • Pocket WiFi 801HW

    8.HUAWEI(ファーウェイ)

  • Pocket WiFi 801HW
  • 最大16台と接続できる!高速通信でバッテリーも長持ち
  • モバイルWi-Fiルーター
  • AXGP/LTE
  • 詳細を見る
  • Pocket WiFi 601ZT

    9.ZTE(中興通訊)

  • Pocket WiFi 601ZT
  • Wi-Fiルーターを頻繁に使う予定がない方におすすめ
  • 詳細を見る
  • Aterm MR05LN

    10.NEC

  • Aterm MR05LN
  • シーンに応じて使い分けができるSIMフリーのWi-Fiルーター
  • モバイルWi-Fiルーター
  • LTE
  • 詳細を見る

まとめ

今回は、一人暮らしにおすすめのWi-Fiルーターを紹介しました。

Wi-Fiルーターは、タイプによって使用目的が変わるため、自分の生活スタイルに合わせて
選ぶ必要があります。

ぜひ、ここで紹介したおすすめの種類を参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加