公道を走れるマイクロカー(ミニカー)おすすめ7選!人気商品を徹底比較

最近、街中でマリオカートのような小さい車が公道を走るシーンをよく見かけませんか?

実は、あれがマイクロカー(別名:ミニカー)なんです。あのマリオカートをきっかけに人気急上昇中のマイクロカーですが、これからますます注目を集めることでしょう。

そこで今回、UPDAYS(アップデイズ)編集部は、人気のあるマイクロカーを徹底調査しました。

マイクロカーについてまだまだわからないことが多いというあなたに、その中から7種類のマイクロカーを厳選し、本当におすすめできるマイクロカーを紹介します。

まずは、簡単にマイクロカーの注目ポイントから紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください!

<先に厳選した7種類をチェックする>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイクロカーの選び方

まずは、マイクロカーの選び方を2つ紹介していきます。

いまいち選び方がよくわからないという方は、ぜひ参考にしてみてください!

見た目に注目!

やはりマイクロカーならではの醍醐味と言えば、個性的な見た目です。

ただ小さいからマイクロカーを購入するというよりかは、むしろその独特なデザインから大人の趣味の一つとして購入される事の方が多いのではないでしょうか。

「ありきたりな車のデザインにはもう飽きた」という方は、デザインにこだわって選んでみると良いでしょう!

安全性もばっちりチェック!

公道を走るからには、やはりちゃんとしておきたい安全性の確保。

マイクロカーはヘルメットの着用及びシートベルトの着用を義務付けられていませんが、公道では何が起きるかわかりません。しっかりと着用しておきましょう。

また、マイクロカー自体の安全もしっかりとチェックするために、部品の製造国がどこであるか、サポート内容、メンテナンス方法などをしっかりと確認しておきましょう

おすすめのマイクロカー7選

ここからは、編集部が調査した全12商品の中から厳選した7種類のマイクロカーをそれぞれ紹介していきます。

先ほど解説した選び方を参考にしながら、ぜひあなたにぴったりのマイクロカーを見つけてくださいね!

  • nextcruiserEV(ネクストクルーザーEV)
  • 1.株式会社ブレイズ

    nextcruiserEV(ネクストクルーザーEV)

    488,000円(税抜)

  • 日本でフルメンテナンス!本気で遊ぶ大人のためのミニカー

  • 『nextcruiser(ネクストクルーザー)』は、公道で走れる排気量0.59kwのミニカーです。

    原産国は中国と表記されていますが、各オイルやホース類などは、国産部品に交換・整備されています。日本の自社指定工場でフルメンテナンスをしてから納品されるので、安全性もバッチリです。

    またアフターサポートも充実していることから、安心して楽しむことができるでしょう。アウトドアやドライブにはもちろん、集客目的の展示品として購入される方も多いそうです。

    全部で5種類のカラーが用意されており、オプションで好きなステッカーを貼れるところも魅力的。自分だけのミニカーで「本気の遊び」を体験してみませんか?

  • T-10
  • 2.タケオカ自動車

    T-10

    995,000円(税別)

  • 可愛いデザインが魅力のマイクロカー!

  • T-10はワインレッドのカラーリングと丸みを帯びたデザインが魅力的なマイクロカーです。デザインは富山大学芸術学部の林教授監修の元、行われました。

    「ペットと一緒におでかけができるマイクロカー」というコンセプトがあり、車内は広々としています。

    また、変速機がなく運転は非常に簡単。機能がシンプルなので、高齢者の方に人気のマイクロカーです。

    48Vのバッテリーを採用しているため、マイクロカーとはいえ、加速力は十分すぎるほどにあります。

    T-10はオーダーメイド制で製造されており、細かい要望を聞いてもらった上で作ってもらえるというのもうれしいところですね。

  • コムス
  • 3.トヨタ車体

    コムス

    785,000円(税込)

  • トヨタが送るEVシステムの新時代マイクロカー

  • コムスは、EVを採用したエコ志向、節約志向が強い方におすすめのマイクロカーです。

    満充電で57kmほどの距離を走ることができ、一度の満充電で電気代はわずか156円と、ガソリン車と比較すると圧倒的な効率を持っています。

    また、走っている時にはCO2を一切出さないという特徴があり、エコ志向が強い人にもおすすめできるマイクロカーです。

    全長約2,4メートル、全幅約1メートルほどというサイジングであり、通常の駐車スペースにコムスが二台停められるほどコンパクト。

    また、日常生活での使用に特化している「P COM」と、ビジネスシーンに特化している「B COM」の二種類がラインナップされています。

  • ビッグフォース3
  • 4.TRIKE FACTORY

    ビッグフォース3

    428,000円(税別)

  • 馬力とデザイン性を追求した高性能ミニジープ

  • ビッグフォースは、ジープをそのまま小さくしたようなデザインのマイクロカーです。

    マイクロカーとはいえ馬力を秘めており、多少の勾配であれば簡単に登ってしまいます。

    シフト操作が単純なのも魅力の一つで、一本のレバーでリバースからニュートラル、1速、2速、3速のみの操作となっています。

    どちらかというとバイクのような性能になっており、短距離移動での使用がメインとなるでしょう。

    購入時にホイールを選ぶことができるのも魅力。

    公道を走ることに最適なノーマルタイヤと、荒れた道を踏破できるオフロードタイヤ、デザイン性の高いワイドアルミホールタイヤの中から選ぶことができます。

  • X-Kart
  • 5.ギアボックス株式会社

    X-Kart

    395,000円(税別)

  • さながらF1カーのような魅力的なデザイン

  • 『X-kart』は、まるで本物のF1カーをそのままコンパクトにしたような見た目が格好いいマイクロカーです。

    デザインを担当したのはF1界で名をはせるクライドラー社であり、洗練されたデザインとなっています。

    特に赤色のカラーリングだと、より一層F1カーの風格が漂いますね。

    キャブレター、バッテリー、タイヤなどの主要な部品は全て日本で生産されたものであり、安全性も十分です。さらに車高が低いため、横転などのリスクが低いことも特徴の一つ。

    チューンナップも可能で、もともと60km/h以上で走れるのですが、さらなるスピードアップを目指す改良もできます。また、街乗りに特化したチューンナップも可能です。

  • ミリューR
  • 6.タケオカ自動車

    ミリューR

    832,000円(税別)

  • 他のEV車を圧倒する驚異のコストパフォーマンス

  • ミリューRは、素晴らしいコストパフォーマンスを持っています。なんと、10kmあたりわずか5円の電気代でOK。

    ガソリン車はもちろんのこと、他のEV車では真似できない走行コストの低さが魅力です。

    これは「回生ブレーキ」の採用により、走行時に発生するエネルギーを回収して再利用する仕組みが機能することで実現したものになります。

    デザインは全体的に丸みを帯びていて、かわいらしく親しみやすいデザインとなっています。

    利便性も十分配慮され、ドアが広く乗り降りしやすい、ちゃんと荷物室がある、リクライニングシートが備えられているなど、実用性も高く普段使いにもおすすめです。

  • リトルフォース
  • 7.TRIKE FACTORY

    リトルフォース

    418,000円(税別)

  • ジープタイプの無骨なマイクロカーで、アウトドアにも◎

  • リトルフォースは、ビーグフォースと似たコンセプトで作られたマイクロカーです。今回の車両は2019年発売の最新モデルになります。

    本来のジープのデザインの魅力を保ちつつもコンパクトなサイズにまとめられた、無骨な見た目が魅力的です。

    最新式のマイクロカーなだけあって燃費が非常に良く、リッターで25kmほどを走るという圧倒的な効率を誇ります。

    オフロードモードが用意されており、最大125CCの馬力で荒れた道も簡単に突破可能です。

    二人乗り、というところも魅力的なポイントであり、お子さんを乗せてあげたり、助手席に作業道具を置いて仕事に使ったりと、さまざまな使い方が出来るのも魅力的ですね。

マイクロカーの比較表

ここまでで様々なマイクロカーを紹介してきましたが、最後に厳選した7種類のマイクロカーを振り返って、比較してみましょう。

  • 商品画像
  • 商品名
  • 特徴
  • 価格
  • 商品リンク
  • nextcruiserEV(ネクストクルーザーEV)

    1.株式会社ブレイズ

  • nextcruiserEV(ネクストクルーザーEV)
  • 日本でフルメンテナンス!本気で遊ぶ大人のためのミニカー
  • 488,000円(税抜)
  • 詳細を見る
  • T-10

    2.タケオカ自動車

  • T-10
  • 可愛いデザインが魅力のマイクロカー!
  • 995,000円(税別)
  • 詳細を見る
  • コムス

    3.トヨタ車体

  • コムス
  • トヨタが送るEVシステムの新時代マイクロカー
  • 785,000円(税込)
  • 詳細を見る
  • ビッグフォース3

    4.TRIKE FACTORY

  • ビッグフォース3
  • 馬力とデザイン性を追求した高性能ミニジープ
  • 428,000円(税別)
  • 詳細を見る
  • X-Kart

    5.ギアボックス株式会社

  • X-Kart
  • さながらF1カーのような魅力的なデザイン
  • 395,000円(税別)
  • 詳細を見る
  • ミリューR

    6.タケオカ自動車

  • ミリューR
  • 他のEV車を圧倒する驚異のコストパフォーマンス
  • 832,000円(税別)
  • 詳細を見る
  • リトルフォース

    7.TRIKE FACTORY

  • リトルフォース
  • ジープタイプの無骨なマイクロカーで、アウトドアにも◎
  • 418,000円(税別)
  • 詳細を見る

まとめ

この記事では、編集部が調査した12商品の中から、厳選した7種類を紹介しました。
最後に、マイクロカーを選ぶ際のポイント2つをまとめておきます。

  • 見た目に注目!
  • 安全性もばっちりチェック!

マイクロカーを購入する際は、この2点をチェックしながら、自分にぴったりのマイクロカーを見つけてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加