ワールドバリスタチャンピオンが選んだ!自宅で美味しいコーヒーが入れられるコーヒーツール5選

「自宅で、一流カフェのようなコーヒーを飲むことができたら…」なんて思う方も多いかと思います。

最近では、自宅用のコーヒーツールも充実していて、カフェのようなコーヒーを作れるようになってきているので、自宅でもおいしいコーヒーを飲むことができるでしょう。

今回は、そんなおいしいコーヒーが入れられるコーヒーツールを、ワールドバリスタチャンピオンである、井崎さんに聞いてきました!

おいしいコーヒーが入れられると、生活の質が上がり、気分良く毎日を過ごせるようになるので、ぜひ参考にしてください。

井崎 英典

株式会社QAHWA/ワールドバリスタチャンピオン

井崎 英典

2012年に史上最年少にてジャパンバリスタチャンピオンシップにて優勝し、2連覇を成し遂げた後、2014年のワールドバリスタチャンピオンシップにてアジア人初のワールドバリスタチャンピオンとなる。

現在はコンサルタントとしてグローバルに活動を続け、年間200日以上を海外で過ごす。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おいしいコーヒーが入れられるコーヒーツール5選

さっそく、井崎さんおすすめのコーヒーツールを紹介していきます。

日常生活で取り入れやすいものが多いので、ぜひ取り入れてみてください。

  • ドリッパー
  • ORIGAMI

    ドリッパー

    2,484円(税込)

  • もしドリッパーが冷めていると、沸きたてのお湯を使ったとしても、抽出温度は劇的に下がります。ですので、お湯を沸かす温度よりも、実質的な抽出温度の方が重要です。

    このORIGAMIドリッパーは、有名ブランドと同じく磁気製のドリッパーですが、重量が130gと他社製と比べて軽いため、熱伝導率に優れており、高い温度帯をキープして抽出することができます。

    またカラフルでインテリアにもバッチリ。コーヒー好きの友人へのプレゼントにも喜ばれると思います。

  • グラインダー・ニトロブレード
  • コマンダンテ

    グラインダー・ニトロブレード

    35,640円(税込)

  • 手挽きですが、グラインダーの性能を表す粒度分布も業務用グラインダー並みに狭く、ドリップの大敵である微粉が出にくいグラインダーです。

    世界のプロも愛用する一品。粒度設定も正確なので、粒度の目安を他人と共有することもできます。

  • パール
  • アカイア

    パール

    21,384円(税込)

  • コーヒー専用のデジタルスケールです。

    Brew Barというアプリを使って抽出をレビューできたり、共有できる優れものです。

    デザインも秀逸ですし、使い勝手も素晴らしい。

    精密計量秤の部類に入りますので、ダントツで正確な重さを計測できるスケール。

  • シフター
  • クルーヴ

    シフター

    17,820円(税込)

  • ちょっとマニアックですが、粒度をコントロールするためのふるいです。

    細かすぎる微粉や粗すぎる粒子を人為的に取り除くことができます。

    過抽出や未抽出を防ぎ、エグ味や苦味を抑えることができる優れものです。

    コーヒーを美味しくしたいなら先ずは粒度をコントロール!

  • アプレシアエージー・プラスコントロール
  • ティファール

    アプレシアエージー・プラスコントロール

    12,420円(税込)

  • 最初は製品検証の目的で使っていただけでしたが、とにかく使い勝手が良くおすすめ。

    毎日活躍しています。すぐに沸騰しますし(プロ向けのケトルは遅いんですね…)、価格も温度設定や保温設定ができるのにかなりお手頃です。

    また水も垂れにくく、ドリップもできますので言うことなし。

まとめ

今回は、ワールドバリスタチャンピオンである井崎さんに、おいしいコーヒーが入れられるコーヒーツールを紹介してもらいました。

井崎さんおすすめのコーヒーツールを振り返ってみましょう。

  1. ORIGAMI ドリッパー
  2. コマンダンテ グラインダー・ニトロブレード
  3. アカイア パール
  4. クルーヴ シフター
  5. アプレシアエージー・プラスコントロール

ぜひ、井崎さんおすすめのコーヒーツールでおいしいコーヒーを入れて、優雅な時間を過ごしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加